FC2ブログ
casa della lavanda とはイタリア語でラヴェンダーの家という意味です。我家のシンポルは南斜面と庭の約200株のラヴェンダーです。趣味のことや日々感じたことなどをシンプルに記して行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
早いもので
 2007年も余す所一日。
 あっという間の一年でした。
 お嫁ちゃんに手伝ってもらい ブログを起こしたのが2006年の大晦日でした。
 拙いブログにお付き合いいただいて 本当に有難うございましたm(_ _)m
 自分でも何処まで続くかな?と思っていたのが 写真を撮る、文章を考えるということが
 とても楽しかった。
 コメントを下さる方、コメントは入れなくても読んで下さる方、本当に有難うございました。
 これを通じて高校時代の同級生と旧交を暖めることができたり収穫は沢山ありました。
 来年も気張らないで 私なりのスタンスで続けていけたらと思っています。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 「猫ぽん」
猫ぽん

 今日 お嫁ちゃんから可愛い湯たんぽが届きました! 猫ぽんと言う陶器の湯たんぽ。
 ネットで見つけてくれたらしい!
 今夜から寒波がやって来るそうだけど この猫ぽんとお嫁ちゃんのホカホカの心であったかーく寝られそうです。
肉球

 底にはご丁寧に猫脚と肉球までついている芸の細かさ! 作った人はきっと大の
猫好きなのでしょうね。

 「おねだり猫」
おねだり猫

 おねだり妻と言うのがマスコミを賑あわせましたね。 みゃあくんはこの夏グッとやせてしまいました。
元気なのですが何しろもうじき18歳と高齢なので ちょっと甘やかして私達の食べ物を分けてあげたら すぐにその気になり「おねだり猫」と化してしまいました。
 今日もお節の田作りの匂いにつられて台所に来て「チョーダイ、チョーダイ」のみゃあくんです。

 そんな年末を過ごしています。
 2008年が 皆様にとって幸せな年になりますように。
スポンサーサイト
【2007/12/31 01:36】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
アルムの森の星祭り
CIMG7261.jpg

 日照時間が日本一長いと言われる北杜市の明野にあるハイジの村がイルミネーションで飾られていて今日が最終日というので行って来ました。
 ここは元県立フラワーセンターでフラワーセンターの時に一度行ったことがありました。夏には周囲はヒマワリがきれいで写真小僧が押しかける所です。
 余り期待しないで行ったけど まあそれなりにというところでしょうか。
 全体的に地味なイルミネーションの真ん中に一際目立つ見慣れぬキャラクターがあり 何かと思ったら「YAMANASIMAN」 だそうな!! 呆れて一緒に行ったKさんは笑いが止まらなくて「誰があんなの考えたんだ! だから山梨はダサいといわれるんだ!」 と怒る事!
 私も恥ずかしくてそのキャラクターの写真を撮る気にはなれませんでした。
CIMG7266.jpg

 バラの回廊は光のトンネルになっていました。
【2007/12/27 21:30】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
久しぶりの更新
 瀬戸(愛知県)に住む娘の所へ白州産の野菜の宅配に行きました。 初めて同乗者無しの単独ドライブでしたが 無事に往復できました。
 前々から調子の良くなかったパソコンが遂にネットに繋がらなくなったり 急に切れたりで入院となり しばらく更新ができませんでした。
 パソコンのない生活は耐えがたく淋しいものでした。
 今日 退院してきましたが根本的な治療はしてなくてとりあえず繋がっている状態です。
CIMG7248.jpg

 先日 ポッチ~さんが国宝の彦根城に行ったと素晴らしい写真を載せていられましたが 私は国宝の犬山城に行きました。 まだ紅葉が残っていて十月桜との季節の枠を超えたコラボでした。
CIMG7247.jpg

 毎年 紅葉を求めてどこかへ行きたいと思いつつも 近くでも結構きれいなのでこのあたりで満足していましたが こんな真っ赤な紅葉は久しぶりでした。
CIMG7250.jpg

 国宝の松本城は近いので何度か行ったことがありますが 犬山城は大分小規模のように思いました。
 熊本城の天守閣のように再建したお城は外見は立派ですが中は当時の面影がなく物足りないです。 松本城も犬山城も急な梯子段の階段ですから着物を着た当時の人達は上り下りが大変だったろうと思います。
 犬山城は天守閣に回廊があるのが珍しくて 金華山の岐阜城なども見晴らせました。
 惜しむらくは展示が充実していないことかな?
 木曽川に沿って建っているところから 別名白帝城というそうです。 「暁に辞す白帝彩雲の間」の白帝です。私は東洋のナポリとか○○のなんとかというなぞらえ方はマネッコみたいで好きではありません。
 同じく犬山にある国宝の茶室 如庵へは時間がなくて行けませんでした。織田信長の弟有楽斎が建てたとされる茶室ですが 年に二回内部が公開されるのでその時に訪れたいと楽しみにしています。
【2007/12/24 13:09】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
十月桜
10月桜

 「この時期に何の花? 梅? 桜?」  かすかな芳香を感じました。
 近くの牛舎と サントリーの蒸留所の近くにも咲いていました。
 牛舎のおばさんに聞いたら 「桜よ。4月にも咲くの」とのこと。
 調べたら「十月桜」らしい。
CIMG7225.jpg

 この時期に咲く桜は 冬桜と十月桜。 で 八重咲きは十月桜で 一重は冬桜らしい。
 でも これらをまとめて 冬桜とも言うらしい。
 寒空に 霜を受け 花びらの先が黄変してるけど 凛としてさすがに 桜!
【2007/12/15 22:25】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
平山郁夫シルクロード美術館
シルクロード

 大泉にある平山郁夫シルクロード美術館に行ってきました。
 お茶仲間のMさんに誘って頂き、シルクロードのガラス展を見てきました。
 私の貧困なボキャブラリーでは表現する言葉が見つからないほど素晴らしかったです。
 先ず 紀元前13~14世紀に精巧なトンボ玉などがあったということ、これにまず
びっくり! 
 img016.jpg

 5~7世紀 イラン 浮出カット装飾碗
 歴史や美術の本で見たことがあるのとそっくりで 表面に「銀化」と言って 土中に埋まっていると化学変化を起こして虹色の膜のようなものが出るのだそうです。
 これが人が施した技術を超えた美しさでした。
 正倉院にある白瑠璃碗とそっくりなのもあり 正倉院では大切に保管されているので「銀化」していなく、展示のものは遺跡から掘り出されたのでしょう。見事な銀化でした。
 展示品の数といい質といい 見応え十分の展示でした。
 ここは年に二回企画展があり平山夫妻のコレクションが展示されます。どの展示も素晴らしくて これほどのものが地方の片田舎で見られるのは本当に嬉しいです。シルクロード美術館は春まで冬眠に入ります。
【2007/12/13 22:30】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
飛行機雲
CIMG7202.jpg

 用事で近くまで出かけ、帰る途中に まるで甲斐駒から飛び立ったように伸びる飛行機雲を見つけました。
 車を停められる場所を見つけシャッターを切って大満足。
 でももう少し早く気がついていたらもっとシャープな雲が撮れたのだけどと思いながらUターンして帰ろうと再び空を見ると すでに雲は消えてました。 
 なんかとっても良いプレゼントを頂いたような気分でした。
 ここの上空は航空路に当たっているようで よく飛行機雲をみます。
 時には交差していたり 夜は点滅する飛行機のライトが「何処へ飛んでいくのかな~」「どんな人たちがのってるのかな~」とロマンを感じながら眺めています。
【2007/12/10 19:54】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
八ヶ岳と富士
八ヶ岳

 雪を抱いた八ヶ岳と 紅葉の残る七里岩台地。あんまり美しいのでその姿を追って通ったことがない道に行ってみました。八ヶ岳はその裾野の広がりが美しいのです。
富士山

 振り返ったら 富士の全景とその下にかすんだ甲府盆地。絶景ポイントを見つけてしまいました。いつもどこでも邪魔なのが電線と電柱、高圧線と鉄塔ですね。
【2007/12/06 22:42】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
猫たんぽ
CIMG7189.jpg

 今年はことのほか寒さが身に沁みるボクです。 だから 朝、階下に下りてくるとヒーターから離れられません。そんなボクをみておかあしゃんは「灯油代が・・・」と言いながらも ボクのためにずっとヒーターをつけててくれます。
CIMG7185.jpg

 ボクは本当はドアを開けられるのだけど 誰かが気付いて飛んで来て開けてくれるまで自分ではやりません。気付かれない時は咳払いを「ミャ」とやります。
 でもそんなワガママばかりをしてる訳ではなくて 夜はおかあしゃんのお布団に入って湯たんぽの代わりをしてあげます。但し何度も出たり入ったりするので 「いい加減にしなさい!」と言われることがあります。
【2007/12/03 20:10】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
PROFILE
みゃあくんのおかあしゃん
  • みゃあくんのおかあしゃん
  • 「たーちゃん」と「私」と「可愛いみゃあくん」と 3人、片田舎でslow lifeを送る積りがあたふたと日々暮らしています。
    悲しいことに みゃあくんは2008年の5月にお空の星になりました。 でも これからもずっと みゃあくんのおかあしゃんです。 
  • RSS
  • まとめ
CALENDAR
11 « 2007 / 12 » 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。