FC2ブログ
casa della lavanda とはイタリア語でラヴェンダーの家という意味です。我家のシンポルは南斜面と庭の約200株のラヴェンダーです。趣味のことや日々感じたことなどをシンプルに記して行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
観梅と裂き織り
 瑠璃色の空を控へて岡の梅
         夏目 漱石

白梅

 甲府にある 不老園という梅園にKさんと行きました。
 2年前にも彼女と行きましたがその時は満開でした。
 この冬は格別の寒さだったので下の方はまだ3分咲きで
上の方の日当たりの良い所では満開の木もありました。

ロウバイ

 白州ではまだ蕾が固いロウバイは盛りを過ぎてました。

オウバイ

 オウバイ。黄梅と書きますが梅ではありません。

CIMG7610.jpg

 しだれ梅

 南アルプス

 バックの雪山は南アルプス

一服

 梅の花の下で一服。
 梅の落雁は 前夜に私が作ったもの
 隣のベンチで 水彩画を描いていた老紳士二人にも
 一服ふるまい 喜ばれました。

作品1

 先週織った裂き織り布で作った色紙掛け
 姉が描く絵手紙をかけるために作りました。
 着物の胴裏を黒豆の煮汁で染めたものを
横糸にしたもの。

CIMG7603.jpg

 着物の八掛を横糸に織ったもの
 同じ縦糸で織っていますが 横糸で
こんなに感じが違ってきます。
 やはり八掛を横糸に使い織った布では
小さなバッグを作る予定。
 
スポンサーサイト
【2008/02/29 22:40】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
にゃんにゃんにゃんの日
CIMG7535.jpg

 おひさしぶり、みゃあです。
 今日は猫の日だとか。
 でもそんなのボクには関係ない!
 誰が決めたのかなあ?
 なんでもいいから おかあしゃんがちょっと
ゴーセーな食事を出してくれることを期待してる
ボクです。
 おかあしゃんはこのごろ機織小屋で 秋から
ハーブームになっているトクナガさんのCDを聴き
ながら 裂織りをしているので ボクも行って
監督をしています。

猫のおどり

 今日の毎日新聞の季節のたよりに出ていました。
 このコラムは楽しくて毎朝期待して読みます。
 今日は猫の日ということなのでしょうか。
 「雪踏んで光源氏の猫帰る」
 いい句ではありませんか!

 この絵を見て納得したことがあります。
 何かの本でUSコットンで「アジアンキティ キモノ」
という布があることを知り、随分捜したけれど
手に入りませんでした。
 そんな話をしたらお嫁ちゃんが その布を
使ってキットになったポーチを見つけて作って 
誕生日にプレゼントしてくれました。
 その猫たちがこの絵にそっくりなので国芳の絵
だったのですね。

 世界中の猫が幸せな一日をおくりますように!
  
【2008/02/22 08:37】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
雨水  雪散じて水となるなり
 「清里スキー場のモニターに当選」
八ヶ岳

 たーちゃんが当たりました。
 二人分のリフト券、ランチ券、スクール、レンタルが
つき アンケートに答え、一日フリーで滑れました。
 「ラッキー」ではありましたが とにかく寒かった!
 あんな寒さは十数年前の菅平以来。
 今年はたーちゃんは可愛そうにスキーは今回が
最初で最後なのです。
 行きは八ヶ岳横断道路を通って行ったのですがかなり
雪が残っていました。
 途中、道路の端の雪の向こうに鹿がじっとこちらを
見ていて、スキー場の手前の林の中には親子の鹿もいました。


 「久しぶりの機織り」 
絖綜通し

  古い高機もあるけど 縦糸を張るのが大変で
 簡単な卓上のリジット機が気に入りです。
 あんまり久しぶりだったので縦糸の張り方を 
忘れていてマニュアルを見直した位でした。
 綜絖を通しているところ。
 縦糸は綿糸を化学染料で染めたもの。

縦糸張り完了

 巾約20cm長さ約2mの縦糸をはり終わったところ。

織り始め

 古い着物の胴裏をお正月の黒豆の煮汁でグレイに
染めたものを裂いて緯糸にして裂き織りを始めました。
 何が出来るかはお楽しみ。

 「傷心」
 太極拳の検定は不合格でした(涙).
【2008/02/20 00:30】 未分類 | トラックバック(1) | コメント(6) | Page top↑
小さい春 見つけた!
CIMG7520.jpg

 暖冬の予報は見事にはずれ、蟷螂予報は大正解!
 家の裏の北側は積もった雪がとけないうちに次が降っては積り
久しぶりに裏に回ったら危うく遭難する所でした。
 (ウソ、ウソです!)でも 積雪30cmを超えています。
 そんな中で「小さな春」みっけ!

CIMG7511.jpg

 この寒さが幸いしているのがスキー場。雪質 最高!
 この日の山頂の気温-12℃。 
 好きなことをやってるのですから ぜ~んぜん寒くない!
 とは 言ってもここでは今までに体験したことがない程に
顔と指先が冷たかったです。
 ここのスキー場は文字通り大パノラマが楽しめます。
 右側の彼女の肩の辺りに富士山が見えるでしょ。

CIMG7516.jpg

 鮮やかにシュプールを描きながらすべっているのは
私! ではありません。
 この斜面はこのスキー場で最も難度の高いバーンで
斜度は27度です。
 ここを滑ろうとする時はいつも、どこかのオトーサン
みたいに 気合を入れて「怪我をしないように」と自分に
言い聞かせてから滑ります。
 無事に滑り終えて 振り返ったら雪煙をあげて
エキスパートの一団が滑り降りてきたので
慌ててカメラを取り出してゲレンデを見ると
 「あ、行っちゃった・・・」
 で、又エキスパートが滑って来るのを待って撮ったのが コレ。
 何せすごいスピードで動いてるので こんな写真に(トホホ)
 でも 感じは出てるでしょう?

CIMG7514.jpg

 7,8年はいたELLANの板は満身創痍。
 だいぶ前から仲間のI さんと「板、欲しいね~」と話し合っていました。
 Mr.I がネットでSALOMONの板を捜してくれて この日 目出度く
SALOMON デビューとなりました。
 ELLAN の前もSALOMONでしたが 性能とか技術とかより
デザインで選んでいるかな?
 写真がまずくて よくわかりませんね。
 スキー場で板の写真を撮るというの、とても恥ずかしかったので
パッと脱いでパッと撮ったので ごめんなさいm(_ _)m
【2008/02/15 15:37】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
よみがえる桃山文化、熊本城
 「熊本城本丸御殿再建」
 昨日のNHKBShiで熊本城の本丸御殿の再建番組が
放映されました。
 心待ちにして見ましたが 本当に良い番組でした。
 3年前に久しぶりに友達とお城を訪れ、工事をみましたが
創建当時の工法、材料を使って作っていると聞き、土壁用の
大量の竹を「なるほど」と思ってみたものでした。

 華麗な桃山文化が地方の熊本で花開いていたことは
熊本出身者にとってとても誇らしいことです。
 昨日の番組で 華麗な昭君の間等が紹介されて公開への
期待が一段と高まります。
 熊本では加藤清正は「せいしょこさん」と親しまれていて 祖母の
実家の寺は清正公の母堂の菩提寺だし、城内に飯田丸と
その名を残す飯田氏の末裔が祖母の友達だったので
そこのおばあさんは私の結婚式にも出席して下さいました。
 清正公のお墓のある本妙寺は桜の名所でもあります。
 
 お城の再建ということで加藤清正がクローズアップされた
番組でしたが その後細川家が長く肥後を治めます。

 又私の母校は熊本城の中にあり、当時は古城町二の丸という
住所でした。
 正門はお城の石垣だったし図書館の裏も武者返しの石垣
でした。
 そういう意味でも熊本城は懐かしい懐かしい場所です。

 4月20日から公開されるそうで 丁度その頃帰省の予定なのですが
さぞかし混雑することでしょう。


 「検定を終える」
 太極拳の1級の検定を今日受けました。
 2級までは各教室で年に2回実施されますが
1級からは県でまとめて一箇所で年1回だけの実施です。
 前にはズラッと検定員、立会人が並んでいて厳しい
視線が注がれます。
 そんなに上がり症ではない私もさすがにあがって
自分の手、指が震えているのが分り、終わってからも
しばらく膝がガクガクしてました。
 年々レベルが上がってきて受験者も増えている
そうです。
 いい加減暦の長~い私の太極拳だからいざ受験となると
もう大変!
 得意のドロナワでやろうというのだから たやすく受かるはずも
なく・・・。今年は度胸試しということで・・・。
 発表は約一月後。


 「画伯近描」
画伯近描

 画伯のニックネームの姉から春の便りが届きました。
【2008/02/11 20:51】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
やっと スキーに!
スキー

 今年初のスキーにやっと行くことができました。
 お天気も回復、スキー仲間のIさんと二人、富士見パノラマへ。
 ここは標高差がかなりあるのだけど
 下も山頂も最高のパウダースノー。
 下のゲレンデで脚慣らしを2本滑ってゴンドラで「いざ山頂へ」
 ゲレンデコンディションが良かったので上級の
 バーンも攻略。本当に楽しくて!
 だから スキーはやめられないのです。
 今年気がついたのは ウィークデイなのにそこそこ
 スキーヤーが来ている事。
 スキー人気が復活すると嬉しいのだけど。

 ティシュケース

 車が変ったら今までのティシュケースが置けなくなり
 捜したけどジャストサイズがない。
 作るしかないか・・・
 で お菓子の箱を利用して作ったのがコレ。 
 凝りもせず、飽きもせず ネコ柄です。

CIMG7498.jpg

 椿餅を作りました。
 椿の葉はお茶の先生宅に貰いに行き
 きれいな葉を手に入れられました。
 菓子器は有田の祥瑞梅花鳥 八角盛鉢
 それで お味は?
 まあまあでしょう(笑)
【2008/02/06 23:41】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
雪が積もったら
CIMG7486.jpg

 暦の上では今日から春・・・のはず。
 でも節分の昨日、関東甲信越は2年ぶりの大雪。
 ここでは約20~30センチ積もりました。
 雪が積もると食べ物に事欠くのか小鳥が庭に来ます。
 ピーナツをフードプロセッサーで細かくして雪の上に撒きました。
 スズメは警戒心が強くて写真を撮るのも大変。
 やっと一羽とらえることができました。
 口にピーナツのかけらをくわえてるのが分りますね。

CIMG7472.jpg

 雪の白州温泉
 息子が来て古いジムニーを大雪の中、引き取って帰って行きました。
 午後降り止まない雪にすることもなく、久しぶりに白州温泉に行きました。

CIMG7473.jpg

 さすがに大雪の日曜、ひっそりしてました。
 雪の中で露天風呂を楽しめるのは地元ならではの醍醐味。

CIMG7477.jpg
 
 お風呂から出た頃は夕闇が迫ってきていて
 駐車場にはライトが灯り とても幻想的。
 四阿(あずまや)のような所は夏は足湯になります。
 ごめんなさいm(_ _)m ブレてました。

CIMG7485.jpg

 そして今日、立春の朝。
 朝日を浴びてキラキラ光る雪。

 本当は朝日を受けてピンク色に輝く甲斐駒を撮りに行こうとしてたら
 何と!何と!この片田舎で今日の明け方、強盗事件が発生!!
 我家から2キロくらいの所で私は見たことないけど
 ものすごい門構えの豪邸が建ったそうでそこに4人組がバットと
 拳銃様の物を持ち押し入ったそう。
 まだ捕まってないのでフラフラと出かけられないのです(恐)
【2008/02/04 21:15】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
きさらぎ
CIMG7463.jpg

 今日から二月。厳寒の月です。
 着物を更に重ねて着る「着更着」との解釈もあるとか。

 台が原宿の裏に花水という雅な名前の集落があります。
 その前を釜無川が流れていますがその手前の橋のあたりの
 日陰の崖に染み出た水分が凍りついています。

CIMG7457.jpg

 このツララは泥が混じったのかきれいではありませんが
 道幅が広げられる以前は立派なツララが何本も下がってました。
 ここに移った頃、スキー場以外であれ程のツララを見たことがなかった私は
 大きなのを1本頂いて 当時学生だった子供達が東京から帰って来るまで
 冷凍庫に大事に保管しておいて見せたものでした。
 たーちゃんにこの写真を見せたら「そんなの載せたら一体どんな
 とこに住んでんだ?と思われるぞ」ですって。
 白州の名誉の為に申しますと白州全体がこんなではありません。
 ごくごく一部、気象条件的にツララ向きの所だけです。

CIMG7455.jpg

 その花水の清泰寺に椿の大木があるのを思い出して行ったのですが
 まだ蕾でした。
 青い空に日の光を受けて輝いていたのはハゼの実ではないでしょうか。
【2008/02/01 23:48】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
PROFILE
みゃあくんのおかあしゃん
  • みゃあくんのおかあしゃん
  • 「たーちゃん」と「私」と「可愛いみゃあくん」と 3人、片田舎でslow lifeを送る積りがあたふたと日々暮らしています。
    悲しいことに みゃあくんは2008年の5月にお空の星になりました。 でも これからもずっと みゃあくんのおかあしゃんです。 
  • RSS
  • まとめ
CALENDAR
01 « 2008 / 02 » 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。