casa della lavanda とはイタリア語でラヴェンダーの家という意味です。我家のシンポルは南斜面と庭の約200株のラヴェンダーです。趣味のことや日々感じたことなどをシンプルに記して行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
酷暑の熊本から生還!
 真夏の九州に帰ったのは久しぶりでしたが
こんなに暑かったとは!
 佐賀の姑は思ったより元気で骨折から蘇って
歩けるようになっていました。

 熊本はジワッとした生暖かい空気が体にまとわり
つく暑さで 夜になっても涼しい風などソヨとも
吹きません。
 長年熊本にすんでいる両親は年のせいもあり、
私達のように汗をかくこともありません。
 熱中症だけにはくれぐれも気をつけるように言うの
ですが どこまでわかっているのかは疑問です。
 二人揃って暮らしてくれているのは本当に有難い
事で 少々の問題はあってもこの状態が続いて
くれることを祈るばかりです。

 長く気にかかっていた亡き親友の実家にきららとんぼさんが
連れて行ってくれました。
彼女は中3の時に同じクラスになってから ずっと
親友でした。
 きららさんは高3で彼女と同じクラスだったのです。
 彼女の故郷は大分に近い山間の町で林業の盛んな所です。
 昨年末 彼女のお母様がなくなられたのでその仏前と
彼女の小さな位牌におまいりできました。
 高校時代の夏休みにその家で1週間過ごしたことや
秋、コスモスの揺れている頃遊びに行ったことなど
彼女とのたくさんのこと思い出が押し寄せて来ました。
 彼女の愛して止まなかった沸蓋山は 変らずに美しい
姿を見せていました。
 高校時代には交友のなかったきららさんと私が訪ねて
行ったのを彼女はビックリして喜び、一緒に沸蓋山を
眺めていただろうと思います。
 熊本の暑さにやられた私は 間違って沸蓋山の写真を
削除してしまったのです。
 でも心の中にくっきり残っていますからそこから消えることは
ありません。

CIMG8187.jpg


 
スポンサーサイト
【2008/07/29 22:14】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
花寄(はなよせ)
無限忌

 淡交会長野県支部の「精中・円能・無限忌」が
諏訪で開かれ 花寄 炭付花月 貴人清次濃茶付花月
が 奉仕されました。

CIMG8147.jpg

 花寄を見るのは初めてでとても勉強になりました。
 一座8人がそれぞれ違った花入れに 思い思いの
花を入れていく式です。
 今回は花入れは床に3個と葭屏風に5個配置して
ありました。
 季節の花がたっぷりと用意され 花入れの格や
形を見定めて 花を入れていくのですが 薄物の
和服をまとった人々が順番に静かにそれぞれの花入れに
花をぴったりとおさめていくのをみていると
日本文化っていいなあと感動すら覚えました。
 全部の花を写すのは無理でしたが上の写真は
蹲(うずくまる)という形の花入れにアジサイが
入れられたものです。

チダケサシ

 お茶仲間のMさんに「チダケサシ」が咲いているのを
見かけたと話ししたばかりでしたが やはり今回の
花寄にも 使われてました。
 近くの休耕田で数年前に1、2株しかなかったのが
今年はたくさん増えていて嬉しかったです。

トンボ蓋置

 昨年の秋の茶会にも使われた南鐐(銀)のトンボ
の蓋置。昨年は立礼で黒漆の上に置かれていたので
もっと映えていましたが その時の写真はピンボケでした。
 トンボが3匹重なりあっている意匠は珍しいと
思います。

少庵

 円能忌ということで少庵を円能斎が描いた軸が
かけられていました。
 この軸については淡交の今月号に出ているそうで
実物が見られてラッキーでした。

CIMG8169.jpg

 ヤマユリがやっと咲きました。
 ブットレアが覆いかぶさって 傾いて咲いて
しまいました。
 今年は蕾が一つしかなかったけど来年以降を
期待しています。

ブットレア

 ぼうすに刈ったにもかかわらず 元気一杯の
ブットレア。色も香もいいのですが 切花には
向きません。

クルミ

 オニクルミ。
 この辺りでは あちこちで見かけます。
 アメリカシロヒトリにやられて無残な年も
ありますが今年はきれいに実っています。

 明日から 酷暑の九州に行きます。
 まず福岡経由で佐賀の姑の見舞いをします。
 熊本では 両親の世話をして 二人がデイサービス
に行く日に友人のきららさんが私の亡き親友の故郷に
連れていてくれるのを とても楽しみにしています。
 10日間留守にします。
 行ってきま~す。
【2008/07/13 13:24】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
暑くて寝苦しい夜は
CIMG8140.jpg

 九州は35度を記録する日が続いている様子です。
 ここ白州は今の所、日中は暑い日もありますが、朝晩は
窓を開けてると寒いくらいです。
 来週 涼しい白州から猛暑の熊本に帰省するのですが
新兵器を見つけました。
 「クタネコ」と名づけられた クールお昼寝ピロウです。
 タオル地で作られたニャンコのお腹に保冷ジェルを
冷凍庫で冷やして入れて使います。
 手足の裏には刺繍のニクキュウまでついています!
昨年は「暑い! みゃあくん近寄らないで!」と言って
た事が懐かしいです。このクタネコ君が今年は
私を癒してくれるでしょう。

 昨冬は ネコポンで暖かく寝られ、この夏はクタネコで
涼しく眠れそうです。
 やっぱり私はネコに助けられているのですね!

チビゴーヤ

 リビングの窓の日除けに植えたゴーヤに赤ちゃんゴーヤが
なりました。 雄花は次々に咲くのですが雌花がつかずに
心配してたところ、ちゃーんとチビちゃんがついた雌花が
咲きました!
 私は来週から10日間留守にするのでその間に成長して
リッパなゴーヤになることでしょう。
 
【2008/07/10 20:39】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
小暑
カジ

 小暑の今日は七夕。
 生憎のお天気で 年に一度の牽牛と織女の逢瀬はままならない
かもしれませんね。
 この頃から日脚は段々と短くなっていきますが、梅雨が明けて
暑さは本格的になります。
 七夕なので梶の葉を水盤に浮かべてみました。
 涼しげでしょう?
 でも今日のお天気ではこの水盤に星を写して愛でることは
できません。
 ここは私が独力で作った蹲です。植えた植物もそれなりに
落ち着いてきました。
 昨年まではシシオドシをしつらえていたのですが、年に2回ほど
竹を取り替えないときたなくなります。
 前のジムニーはルーフキャリーがついていて 竹を運べたのだけど
今の車では運べません。
 だから頻繁に竹を取り替えなくて済むように水琴窟なんかどうかなと
考えています。

ききょう

 昨年 地におろしたキキョウが 冬を越して美しく開きました。

マロウ
 
 マロウ。
 この花のハーブティーは水色がハーブティーでは珍しい
ブルーでレモンを加えるとピンクに変わり、「サップライズティー」
と呼ばれます。
 野生化しているゼニアオイの近種です。
 
CIMG8120.jpg

 近くの林でムラサキシキブの花を見かけました。
 花の時期は地味ですが 秋になるときれいな
紫の実が目を引きますよね。

アザミ

初ハギ

 これから本格的に夏という小暑ですが アザミと
ハギが秋の予感をを漂わせて咲き始めました。
 近くの鎮守の森からカナカナの鳴声が響いてきます。
この蝉の声はいかにも高原と思わせる声です。
 夏と初秋が同居してる不思議な季節です。
【2008/07/07 18:43】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
梶の葉 追記
 エッセイスト 麻生圭子さんのブログが好きで毎日
訪問しています。
 彼女の「生活・グルメ NIKKEI NET」が今日更新されて
梶の葉のことが 書かれているので関心をもたれた方は
見てみられると 参考になるかと思います。
【2008/07/04 23:37】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
エコ ?
キノちゃん撮影風景

 ペンション・ボーンフリーの娘さんは 短大で園芸を
勉強した後、スイスに農業留学。帰国後「農業」をして
います。有機肥料を使い、減農薬野菜をレストランや
道の駅に出し、新鮮野菜の宅配もしています。
 若い女の子が農業をしてるのが珍しいのでよく
メディアに取り上げられています。
 今回はテレビの取材が来ていました。
 7月26日に山梨、長野、新潟で放映されるらしいけど
この番組には我家のローズマリーも鳥料理のハーブとして
でるのですよ!
 出るのはローズマリーだけで 人間の方は出してもらえ
ません。
 
マイ箸

 森林資源を保護しましょうと声高にエコを叫んでる訳では
ありません。
 たあちゃんが太極拳の練習の後に一緒にランチを
するメンバーの方たちがいつも美味しい手作り料理を
ご馳走してくださるのでにお礼にマイ箸袋を作りました。
 お嫁ちゃんに作り方を教わった後、お店で
実物をよ~く観察してきました(笑)
 布、箸、ひもの色の取り合せを考えるのが
面白かったです。
 ちょっとでも エコに貢献することになるかな?
 
【2008/07/04 22:46】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
七夕と梶の葉と乞功奠(きっこうでん)
 7日は七夕。
 笹の葉に揺れる短冊は幼い頃の郷愁。
 近頃、クリスマスツリーを飾る家庭は多いけど
七夕の笹飾りは商店街で見かける程度です。
 七夕は織姫と彦星の伝説と中国の乞功奠という祭りが
融合したものだそうです。
 どちらも女性は技芸、教養の上達を願い、男性は
農業、漁業の繁栄を祈る点では同じみたいです。

コピー ~ 冷泉家梶の葉

 京都の冷泉家では家の行事として七夕を行い、その際
カジノハに古歌を書くそうで 乞功奠は門人と集いともに
旧暦で行われるそうです。
 そういえば七夕は秋の季語ですね。
 
梶の木

 カジノキは本州中部以南でみられるクワの仲間で
信州諏訪神社の神紋もこのカジです。
 関東では見られないと思っていたカジノキに偶然
出会いました!!
 先日の滝のようなイワガラミの写真の光線の具合が良くなくて
午前中の光で撮り直そうと出かけた時、林の中で 「オヤ?!」と
足が止まりました。その2、3日前にお茶の本で葉蓋に
使われているカジノハの写真をしげしげと見たばかりでした。
 クワに似てるけど葉が三裂、五裂しているし、表面がザラザラ
してると聞いた通りだし 写真を撮り葉を5枚ほど頂戴して
ワクワクしながら帰りました。

CIMG8109.jpg

 調べるとやっぱりカジノハのようです。
 「ヤッター!」 
裏千家11代家元玄々斎が七夕の趣向の茶会で末廣籠の花入れの
受け筒を水指にみたて カジノハを蓋にされたのが葉蓋の点前の
始まりです。
 カジノハはめったに手に入らないのでお稽古のときは水指の口を覆う
位の大きさの芋、ハス、桐、蕗などを使います。
 お茶の稽古の前日でしたから この上ないタイミングでした。
 私達の稽古ではガラスの花入れを水指にみたて(花入れとしては
使っていません)、K先生お気に入りのガラスの「天の川」と銘をつけた
茶碗を使いました。
 この茶碗は水を入れると金が浮いて見え、さながら星空の銀河の
ような景色になるのです。
 
 こんなちょっとしたことが心をとても豊かにしてくれるお茶の稽古。
 醍醐味というほどのこともない、私のささやかなお茶の醍醐味。
【2008/07/03 10:21】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
今年のラヴェンダー
2008のラヴェンダー

 夏風邪でダウンしている間にラヴェンダーが満開になりました。
 連休にたあちゃんが頑張ってくれたお陰で今シーズンは
雑草が少なくて花もきれいです。

ラヴェンダーとチョウ

 チョウも花蜂もミツバチも蜜を求めてやって来ます。

三分一湧水で

 友人、知人もラヴェンダーやブルーベリーを求めて
やって来ます。
 神奈川時代に家族ぐるみでお付き合いしていた3家族
が 十数年経ちやっと来ました。
 雨の中長坂、大泉方面に行き、三分一湧水にも
立ち寄りました。
 水争いをせずに済むように信玄が設けたと言う
分水施設?  池の中の三角の石のおかげで
3方向に均等に水が流れる仕組みです。

ミヤマオダマキ

 長坂で見つけたミヤマオダマキ


CIMG8094.jpg

 白州の某所のイワガラミ
 ツルアジサイと似て他の木や岩にからみついて
這い登って行きます。
装飾花の萼片が一枚なのが特徴
イワガラミの滝

 昨年同じ白州地内で見たイワガラミに比べ
非常に大きな株でまるで滝のように絡み付いて
いました。

 *以下は我家で現在咲いている花達*
CIMG8070.jpg

 ロシアンセージ
 名前の通りで寒さに非常に強い


ジュウヤク

 ジュウヤク
 ドクダミというと身も蓋もないけど漢方でいうと
ジュウヤク「十薬」 良く見るとかわいい花です。
 家では冷蔵庫の消臭に大活躍をしてもらっています。


トケイソウ

 今シーズンのルーキーのトケイソウ


ハニーサックル

 梅雨の晴れ間のハニーサックル(園芸種)


ホタルブクロ

 ホタルブクロ
 気のせいか、今年は色も良いし花つきも良い。

 7月に入りました。
 まだ梅雨の最中ですが 梅雨があけると一気に
真夏の暑さが襲ってくることでしょう。
 庭はこれから ブットレア、ノウゼンカズラなどが
満開を迎え、今年はリビングの出窓に這わせた苦瓜の
花も黄色の可憐な花を咲かせ始め楽しみの続く庭です。 

【2008/07/01 21:51】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
PROFILE
みゃあくんのおかあしゃん
  • みゃあくんのおかあしゃん
  • 「たーちゃん」と「私」と「可愛いみゃあくん」と 3人、片田舎でslow lifeを送る積りがあたふたと日々暮らしています。
    悲しいことに みゃあくんは2008年の5月にお空の星になりました。 でも これからもずっと みゃあくんのおかあしゃんです。 
  • RSS
  • まとめ
CALENDAR
06 « 2008 / 07 » 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。