FC2ブログ
casa della lavanda とはイタリア語でラヴェンダーの家という意味です。我家のシンポルは南斜面と庭の約200株のラヴェンダーです。趣味のことや日々感じたことなどをシンプルに記して行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
☆ Merry Christmas ! ☆
  ☆ 聖夜のイルミネーション 
 CIMG8841.jpg
 今日はクリスマスイブ。
 友達と 小渕沢のホテルと明野のハイジの村に
イルミネーションを見に行きました。
 このホテルは イタリア人の設計によるとても
おしゃれなリゾートホテルです。
 この通路の両側は 素敵なショップが並んで
います。
 ここのライトアップは明日までです。

CIMG8846.jpg
 この前 息子と孫といった明野のハイジの村です。
 クリスマスイブだけど 思ったほど人出は
多くありませんでした。

CIMG8848.jpg
 ここのシンボル ハイジ。
 イルミネーションのコンテストのようでした。

CIMG8852.jpg

CIMG8856.jpg

CIMG8859.jpg
 
  ☆ 聖夜の演出 
CIMG8835.jpg
 今年最後の白州でのお茶の稽古の今日、
お菓子当番のMさんが素敵な演出をして
くれました。
 こういうのが 庶民の茶人の醍醐味です!
 
 皆さまもどうぞ楽しいクリスマスをお過ごし下さい。

 

スポンサーサイト
【2008/12/24 22:39】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
冬至冬なか冬はじめ
CIMG8824.jpg
 昨日は昼間が一番短い冬至でした。
 夜は低気圧が通過して 台風みたい
でした。
 簡易温室が吹っ飛びビニールは破け
植木鉢は粉々で土は飛び散りましたが
植物は大丈夫でした。

 頭痛でダウンしてました。
 楊式太極拳の講習会だったのですが
それも欠席してしまいました。
 だから 柚子湯も カボチャもなし。
 今日に持ち越して 一日遅れの
柚子湯です。

CIMG8825.jpg
 
 今日の夕方、北側の窓から見えた
夕焼けです。
 ピンクとパープルのグラデーションが
見事でした。
【2008/12/22 22:26】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
Mさんとお久しぶりに
2008-12-20.jpg
 長緒を休める時の結び方です。
 
 ひょんなことで 知り合いになった柿渋染め作家の
Mさんと しばらくぶりでお会いしました。
 Mさんは 茶人で染色家で猫好きときていて
私のあこがれの人です。

 今回は月のうさぎさんの処で 茶道好き6人が
集まり 話が弾みました。
 私のお茶の稽古仲間の方のMさんがお願いして
カタトンボ結びを教えて頂きました。
休める時の結び方も序に教えて頂きました。
 梅の花のように見えますね。
 
 前にも書いたけれど 茶道では「結ぶ」
ことが大変多く 結び方をたくさん覚えます。
 手先をよく使うことで 大脳を刺激するので
しょうね。
 茶人は元気で長命の方が多いそうであやかりたい
ものです。
 
 
【2008/12/20 21:58】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
里の寺
CIMG8822.jpg
 ちょっとだけ時間が空いたので 通りかかる度に
気になっていたお寺に 入ってみました。

CIMG8809.jpg
 お正月をひかえ、手入れの行き届いた境内には
サザンカが満開。昨夜の霧の名残を花びらに
とどめていました。

CIMG8814.jpg
 赤い南天が鳥に啄ばまれることもなく きれいに
なっています。

CIMG8813.jpg
 寺の号「龍福寺」に因んででしょうか 手水は
竜の口になってます。

CIMG8815.jpg
CIMG8816.jpg
 干支それぞれに守護尊がいられることを
初めて知りました。恥ずかしながら・・・

CIMG8817.jpg
 で 私の守護尊はこちらの阿弥陀様だそうです。

 小高い丘の上にあり 村の人々を長く見守って来た
お寺なのでしょう。
 名が通っていて 拝観料をとっても手入れの
 届かないところもあります。 田舎のお寺は
きれいに掃除されてて何だか暖かかったです。
 桜の頃はピンクにいろどられるこのお寺に春に
又来てみたいです。
【2008/12/19 08:56】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
霜のフリル
CIMG8802.jpg
 朝の公園で見かけた 自然の贈り物をどうぞ

CIMG8807.jpg
 紅葉したオオバコも フリルのおしゃれ

CIMG8805.jpg
 クローバーは枯葉野の毛布をかぶり
寒さにめげないよ

CIMG8806.jpg
 一見 ラムズイヤー ではなく
 霜をまとった雑草です

 写真のテクニックが未熟なのが残念な
自然の美術館です
【2008/12/18 09:00】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
エコツリー
CIMG8801.jpg
 小渕沢の駅に行きましたら 待合室にとても
高原の駅にふさわしい 一見氷のようなツリーが
飾ってありました。
 よく見たら ペットボトルで出来ています
 発光ダイオードのブルーの光とよくマッチして
素敵でした。
 
    今年最後の勉強会
CIMG8798.jpg

 茶カブキ、廻り炭、炭付き花月をしました。

CIMG8795.jpg

CIMG8796.jpg

 上の道具は廻炭の式に使うもので左は巴半田と言い 
灰が巴状になっています。
 右は筋半田で 湿灰に火箸で波型の筋を描きます。
 下は炭台に多めの炭が用意されて 客が順番に
炭をついでは 次の客がそれをついだ逆の順序で
あげて また形を違えてついでいくというものです。
 炭を火箸で挟むというのは簡単なようで難しく
特に2、3個を一緒に挟むのは大変な作業です。
 お茶を稽古していて「箸を使う、紐を結ぶ」という
ように、手先を使うことがとても多いことに
気づきます。

 又今回勉強した茶カブキは濃茶の銘を当てる
もので とても面白かったです。
 執筆という記録係が 奉書にさらさらと記録します。
 もちろんこの係りはベテランがされて 私は真ん中
辺りの無難な役をしたのですが 「茶の湯は奥が深い」
と再確認しました。
 これで 今年の勉強会は終わりでしたが 5月から
本当に 良い勉強をさせていただきました。
 私の茶道のルネッサンスの年となりました。
【2008/12/16 20:53】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
寒さは しばしお休み
CIMG8792.jpg
  ここ 2、3日 暖かい日が続いています。
  でも いつ寒波が訪れて 雪にならないとも
 限らないので 今日はディーラーで冬タイヤに
 取り替えてもらいました。
  寒い地域はこんな費用もかかるのです(涙)

  帰りにご無沙汰していた 月のうさぎさんの
 ところへお邪魔して 白の侘助を分けて頂き
 ました。

  白州への帰り道で 雪をかぶって一段と男前を
 増した甲斐駒と麻利支天(左のコブ)が望め
 ました。

CIMG8791.jpg
 ふと 気づくと 丸みを増した月が高くのぼって
いました。
 この前まで細~い月だったのに。
 
 この年も残り20日、やらねばならないことが
山積みです。
 あわてないで のんびり いきましょう!

【2008/12/11 21:17】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
安藤家住宅
CIMG8773.jpg

CIMG8774.jpg
  南アルプス市にある国の重要文化財の
安藤家住宅を見ました。
 この家は棟札から建築年代が1708年
(宝永5年)と確認されています。
 木造の民家が300年を経て尚堂々とした
風格を保っているのは驚異すら覚えます。
 上は長屋門

 過日 山梨市の根津記念館を訪れましたが
あちらは「甲州財閥」の一人である根津氏の
迎賓館として使われた建物であるのに対し
こちらは豪農の暮らしが偲ばれる建物です。

CIMG8779.jpg
 武家でない安藤家に玄関式台が許されたのは
この家の格の高さを示しているそう。
近日公開の 「禅」という映画の一部はここで
撮影されたそうなので機会があれば見てみたい。

CIMG8782.jpg
CIMG8786.jpg
 茶室は母屋と廊下でつながっていて手前の1室は
水屋を兼ねていて奥が8畳の本勝手。

CIMG8780.jpg
 庭で目を引くクロマツは樹齢350年で 建物より
古い。

CIMG8785.jpg
 今年最後の紅葉の庭。
 シーズンの盛りはさぞかしきれいだったろうと
思われます。
 この茶室も二千円で貸してもらえるそうです。

   あおやぎ宿 追分館
CIMG8771.jpg

 南アルプス市は町村合併でできた新しい市で
前の町村名が残っていないので よくわかりませんが
身延往還に沿った富士川の水運で栄えた町筋で
増穂にある 旧家 旧秋山家の住宅です。
  現在は地域の活性館として 蔵は資料館、米蔵は
特産品の販売や骨董の店、母屋はお食事処と
なり 賑わっています。

CIMG8769.jpg

 築120年の古民家の座敷でだされる地元産の
食材を使い 地元のおばちゃんの作る田舎料理は
素朴だけど 美味しい。これで800円です!
 前に来た時は 元々この家で使われていたという
什器が使われていて むか~し 祖母の家で
見たような懐かしいものでした。
 人気が高くてお客が多く 傷んだのか 今様のものが
使われていてちょっと残念でしたが 仕方ないこと
でしょう。

  ロ タ コ
今回 パンフレットをもらい 初めて知った
のすが 南アルプス市にも戦争遺跡が
あったのです。
「ロタコ」(第二立川航空廠)は御勅使河原(みだいがわら)
飛行場の暗号名で 戦争末期に構築が計画された
秘匿飛行場だそうです。
 韮崎の七里岩台地の下にも このような
戦争遺跡があるそうですが 詳しくは知りません。
 南アルプスの方についてはとてもきちんとした
パンフレットができていて ちゃんと知って考える
ことが必要だと思いました。
【2008/12/09 10:08】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
茶道文化検定
001.jpg
 11月最後の日曜日に全国6都市で
第一回茶道文化検定が実施され、
 今回は三級と4級が行われました。

 私は国立市にある一橋大が試験会場
でした。 都内の知人は学習院大で
受けると言っていましたから いくつかの
会場に分散して行われたようです。

004.jpg
 このようなことがなければ 天下の一橋大の
キャンパスに立ち入ることなどないでしょうから
探検のつもりで出かけました。
 駅からの道は銀杏の並木が続き、お洒落な
お店の並ぶ 落ち着いた雰囲気の通りでした。
 キャンパスに入ると 銀杏が最後の金色の衣装を
きらめかせていました。
 
 検定試験
さて 本来の目的 試験はというと四者択一形式で
100問出題されました。
 4級と3級は問題が異なり、4級は60%以上、
3級は70%以上の正解で合格となります。
 予想問題を見たときに 「あれれ?」と思った
のですが お茶の稽古をして その方面の
勉強している人には 物足りなかったろうと
思いました。
 検定試験を実施して茶道文化の知識を向上
するのはとっても良いことだと思います。
 単に 手順だけを覚えるのが茶道ではない、
それを取り巻くすべての日本文化を理解して
初めて本当の茶の湯の楽しみがわかるのでは
ないかと常々思っています。
 第一回目ということで 色々と困難はあったと
思いますが、今後試験問題を作るには
時間をかけて「茶道文化」という言葉に
ふさわしい問題を作ってほしいと思いました。

 今回出題された一例を載せます 
童謡「ずいずいずっころばし」に謡われる江戸時代の
行列は何と呼ばれましたか
①お茶壷道中 ②仮装行列 ③ 提灯行列 ④参勤交代
 

 一応 検定試験のメンツもあるのでこんな問題
ばかりではなかったことも追記します(笑)

006.jpg
 試験を終えて 校門へ向かうと 折からの風で
まさに「金色の小さき鳥のかたちして」 
 写真をクリックしていただくと「金色の小さき鳥」を
見ていただけると思います。

【2008/12/02 21:18】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
私は不走ず
 ついに師走に入りました。
 一年のなんと短いこと!
 四月に英語教室を完全に閉じた私は
走りません。

 熊本での楽しい時 
 こちらに戻る予定の最後の日に小学校のクラス会が
ありました。
 担任のU先生が私たちのクラスを懐かしがって
いられることを知ったY君が 大変な努力でクラスメートを
捜し出して 11年前にクラス会をしたのをきっかけに
集まっています。
 40年も経ているのに 今年も20名集まり楽しい
時を過ごしました。
 84歳の先生もお元気で奥さまの看護に頑張って
いられます。
 来年の 福岡での再会を約束して別れました。

090.jpg

 実家の近くの県庁は 銀杏並木の黄葉は
散り始めていましたが まだきれいで ちょっと
遅めの七五三の母娘が写真を撮っていました。
 
【2008/12/02 08:52】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
PROFILE
みゃあくんのおかあしゃん
  • みゃあくんのおかあしゃん
  • 「たーちゃん」と「私」と「可愛いみゃあくん」と 3人、片田舎でslow lifeを送る積りがあたふたと日々暮らしています。
    悲しいことに みゃあくんは2008年の5月にお空の星になりました。 でも これからもずっと みゃあくんのおかあしゃんです。 
  • RSS
  • まとめ
CALENDAR
11 « 2008 / 12 » 01
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。