FC2ブログ
casa della lavanda とはイタリア語でラヴェンダーの家という意味です。我家のシンポルは南斜面と庭の約200株のラヴェンダーです。趣味のことや日々感じたことなどをシンプルに記して行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
水琴窟 一応完成!
 じゃ~ん!

CIMG0966.jpg

 改修中だった 水琴窟が一応完成
しました。
 「キーン」という高音は出ませんが
なんとかそれらしくは響きます。

 連休後半に届いた自然石の水鉢を、
丁度滞在中の婿殿と娘が設置して
くれたので 助かりました。
 
 今年工夫をした点は 地中に埋めた
甕を 植木鉢から醸造用甕(醤油の
醸造にに使ったものらしい)に
変えた点。
 もう一つは 海(蹲前面の水を流す
部分)の石を 黒い小石から 河原で
拾った丸い5~10㎝?位の石に変えた点。
 海の景色がより自然な感じになり
ました。

 今日 所用で訪れられた 茶名を
お持ちの月のうさぎさんが 自分で
苦労して作ったという所を大変誉めて
下さり そこの所をわかって下さった
ことがとても嬉しかったです。




この花 何の花?

CIMG0955.jpg


CIMG0956.jpg

 諏訪湖畔のカリンです。
 1昨日は 諏訪のU先生宅のお稽古でした。
 諏訪湖畔は カリンの並木です。
 ちょっと早く着いたので 写真が撮れました。
 
 サクラやりんごより やや大きめのピンクを
帯びた花が 満開でした。
 遅霜で傷んだのか 花弁の先がちょっと茶色に
変色しているのが 痛々しかったです。


CIMG0962.jpg

 カリンと共に湖畔を彩っているのが
ナナカマドです。
 今は白い花が満開で 秋になると 赤い実が
彩を加えます。



 前回の問題の解答
 ヒナの作    お日様
         木   雲
         女の子 マット
         魚   海草
 ママの作    ビーチパラソル
 おばあちゃん作 セミ  海
               でした。
スポンサーサイト
【2010/05/19 20:37】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
楽しくて 結構大変だった3日間
CIMG0952.jpg
 13日から 横浜 川崎 東京に
行ってました。
 二日間はお茶の関係、中の一日は
ヒナと遊びました。
 上は ヒナ ママ、おばあちゃんの
合作です。
 ここで 問題です!どの部分をだれが
作ったでしょう?(笑)



 お茶の方は又もや 勉強不足を
深く反省。
 お茶事は 本だけでの勉強では
微妙な間合いなどが わかりません。
 やはり 場数を踏まないと難しいです。
 懐石は美味しく 心配だった歯痛も
おきませんでした。
 
 七事式は且座、濃茶付花月、貴人清次付
花月、四畳半花月、雪月花をしました。
 最初に且座で炭手前が当たり、半年ぶりの
風炉の炭手前、ボロボロでした。
 普通にできるはずの紙釜敷の扱いを間違い、
直されたら この後 自分でもあきれる位に
何をしても ボロボロ。
 

 最後が雪月花で このときだけは花、月、雪
と順調に当たり 一番に上がってびっくりでした。


  工事中

CIMG0954.jpg

 昨年作った水琴窟の改修を行って
います。
 昨年のはインターネットで調べ
簡単な方法として地中に埋める甕に
素焼の植木鉢を使いましたが 音が良く
響きませんでした。
 今年は たあちゃんが貰った醸造用の
甕を使ってみました。
 その甕を埋めるためには径が50㎝
深さが70㎝位の穴を掘る必要が
あり、前の穴を更に20㎝くらい深く
掘りました。

 今日は海の部分に入れる石を
河原で拾って来ましたが足りなくて
今日、明日は他の用事でできないので
完成は2、3日延延びることとなりました。

腰痛持ちなのに火事場のくそ力というか、
やりたいと思うと重い石も動かしてしまう。
 結果 湿布薬にお世話になってます。
 
【2010/05/16 22:33】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
賑やかだった連休
CIMG0894.jpg

 1日から 娘と息子の一家が来て 大賑わい
でした。
 娘夫婦の所の孫、マサトは4か月で
初節句したので 息子の所のヒナの
年長組への進級祝いその他 もろもろの
祝いを一緒にしましたが マサトは寝て
しまい、写真にはおさまらず 後で皆が
「起こしてでも 一緒に撮れば良かった」と
残念がりました。


 
 CIMG0897.jpg
 
床柱には 端午の節句なので
ヤグルマソウを入れました。
 一緒に アケビを入れましたが
この花入には初めて入れたので
うまく入らず研究の余地が大アリ。
 しかも 花釘を打っていないので下手な
細工が見えてみっともない!(汗)






CIMG0909.jpg

 妹が送ってくれた 源吉兆庵の
「重午の節句菓」
 赤の鯉はクランベリーで 青の鯉は
メロンの風味でした。



CIMG0901.jpg

 ヒナがツクバイを使ってます。
 海の下は水琴窟になっているのを覚えていて 
竹筒を使ったりして かすかな(本当にかすかな)
音を聞くのを楽しみにしています。
 今シーズンは この蹲を大改造する
予定です。


CIMG0889.jpg

 昨年 知人に分けて頂いたオキナグサが
咲きました。
 花後は 白いフサフサの綿毛のような
穂ができ 翁の髭のようです。


 息子一家は4日に帰りましたが 娘は
今週末 ムコ殿が迎えに来るまで
骨休みをしていますので もうちょっと
マサトと遊べます。

【2010/05/06 23:40】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
リラ忌
CIMG0922.jpg

 みゃあがこのライラックの木の下で
永遠の眠りについてから丸2年、三回忌を
迎えました。

 4日の命日のころは ライラックが
満開なので 「リラ忌」とすることに
しました。

CIMG0923.jpg
 
 ほのかなとても自然な優しい
香りが漂っています。
 みゃあを忘れる日は一日もない
けど いないことをだいぶ
諦められるようになりました。
 
【2010/05/05 23:37】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
PROFILE
みゃあくんのおかあしゃん
  • みゃあくんのおかあしゃん
  • 「たーちゃん」と「私」と「可愛いみゃあくん」と 3人、片田舎でslow lifeを送る積りがあたふたと日々暮らしています。
    悲しいことに みゃあくんは2008年の5月にお空の星になりました。 でも これからもずっと みゃあくんのおかあしゃんです。 
  • RSS
  • まとめ
CALENDAR
04 « 2010 / 05 » 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。