casa della lavanda とはイタリア語でラヴェンダーの家という意味です。我家のシンポルは南斜面と庭の約200株のラヴェンダーです。趣味のことや日々感じたことなどをシンプルに記して行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
エクステリアのニューフェイス
 
 ミニチムニー

CIMG1269.jpg

 バーベキュー炉になるチムニー、
 メキシコ製です。
 冬に凍って割れないかとちょっと
心配です。
 当面は 来客時に 庭でお茶を
するためにお湯を沸かすつもり。



 現在のラヴェンダー
CIMG1272.jpg


 ブルーベリー
CIMG1275.jpg


 ラズベリー
CIMG1278.jpg


 ワイルドストロベリー
CIMG1279.jpg


 大好きな イワガラミ
CIMG1280.jpg

 某所にあるイワガラミ。
 昨年は 木を覆って 滝のように
みごとだったイワガラミが今年は
大分 控えめで 手の届くところには
花がありませんでした。



 我が屋のハーブガーデンはシーズンイン。
 これから来客が 続きます。
スポンサーサイト
【2010/06/28 22:40】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
夕日に月
 

 
CIMG1262.jpg

 6月24日 19時13分
 月齢13日
 かなり丸くなった月が 南の空に
夕焼けを背景に上ってきました。
 

CIMG1266.jpg

 19時18分
 二階の北側の窓から見る夕日
 刻々と雲の色や形が変わります。

 今日は貴重な梅雨の晴れ間で
 庭仕事がはかどりました。

 明日も晴れるといいなあ~。
【2010/06/24 23:20】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
手作り
 琥珀羹

CIMG1242.jpg

 M先生からレシピを頂き挑戦した琥珀羹。
 中に入っているのが大徳寺納豆です。 
 先日 京都へ行った時 大徳寺に行ったのも
 大徳寺納豆が買いたかったため。
 きれいな琥珀色は和三盆によるもので
 甘さと塩辛さとうまみが絶妙です。
 


 バラのジャム

CIMG1234.jpg

CIMG1230.jpg

CIMG1231.jpg

 庭のバラで作ったジャムです。
 色は バラの色そのものです。
 ペクチンを加えてもなかなか良いトロミがつかず
 ジャムと言うより ジュースっぽくなりました。
 紅茶に合います。

 以上 手作りの2品でした。


 庭の近況#2

ホタルブクロ

CIMG1244.jpg


トラノオ

CIMG1247.jpg


マロー

CIMG1248.jpg


クロヒメ(アジサイ)

CIMG1249.jpg


フウセンカズラ

CIMG1250.jpg


赤ちゃんゴーヤ

CIMG1257.jpg
【2010/06/19 20:33】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
庭の近況
 関東地方もいよいよ梅雨に入りました。
 最近の庭の様子です。

 つくばい周り
CIMG1219.jpg
 私の力作の水琴窟のツクバイです。
 本当は周りがこんなに茂ってはいけない
 のでしょうが どれも生き生きとしてる
 ので そのままにしてます。
  シラン 白シラン
 ユキノシタ
 クロヒメ(アジサイ)
 などが咲いてます。



階段を上ったエントランス
CIMG1220.jpg
 サフィニア(2色)
 テッセン
 アメリカンブルー
 タイム
 一重バラ
 など



 テッセン
CIMG1221.jpg
 今シーズン初めて冬越ししたガンバリ屋さん


 ハマナス
CIMG1223.jpg
 ハチもアリも雨の合間に忙しそう


ミニバラのアーチ
CIMG1225.jpg
 このバラではジャムを作るので
消毒できません


スイレン鉢
CIMG1227.jpg
 スイレンの花が咲くかどうかまだ
わかりません。
 ニャンコが気持ち良さそうに泳いでます
 昨冬 水が凍って鉢が割れて メダカ達が
全滅しました。
 近々神戸の妹宅から 養子のメダカたちが
来ることになっています。


 オリーブ!
CIMG1228.jpg
 ヒョロヒョロとしたオリーブに初めて
実がつきました!
 数年前に熊本の監物台樹木園で寄付したら
頂き、抱えて飛行機に乗り運んだ苗です。
 同じ時に植えた実家では もっと茂って
いますが 家のは辛うじて枯れずに
いる位でしたので 花が咲いたのも気が
つきませんでした。
 けなげな 木です。
 ちゃんとした実になるでしょうか?


 あと10日ほどで ラヴェンダーも
 ブルーベリーも色づくでしょう。
 我が家の庭のハイシーズンになります。
【2010/06/16 20:18】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
ブブセラ!?
 ワールドカップ、予期せぬ?! 初戦
突破で 湧いた 昨日でしたね。
 それにしてもあのブブセラはうるさい。


 我が家でもブブセラが!
 洗濯物をたたんでいたら ジーンズの
中に 大きなハナバチが入っていて
「ブワーッ!」

 娘に赤ちゃんの洗濯物に気をつけるように
電話しました。


 

 銀閣寺の抹茶に添えられたお菓子

CIMG1140.jpg
左のは 銀沙灘をあらわしてます。
【2010/06/15 22:15】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
京都へ
 姪の結婚式出席のために
たあちゃんと 京都へ行きました。
 たあちゃんと京都へ行ったのは実に
18年ぶり。
 前回も結婚式のためで しかも
仲人でした! 息子さんが大学生に
なられたはずです。

 さて 姪の結婚は妹達夫婦にとって
初めてのことで 嬉しさと共に色々と
気を使ったりすることも多かったよう
です。
 私達の子供たちは全部自分達で仕切り
私達の出る幕はなかったので かいがいしく
世話を焼く妹夫婦を見て羨ましく
思ったり  ラクし過ぎたなあと反省
もしました。


大徳寺

 たあちゃんにとって久しぶりの京都
でしたから 一日は観光に当てました。
 一番に訪れたのは 大徳寺。
 利休に所縁の寺で 茶席で良く掛けられる
 軸は 大徳寺の僧の墨蹟が多いのです。
 軸に紫野と書いてあれば大徳寺内の
塔頭の僧の筆ということです。
 前大徳と書いてあれば 大徳寺内で修行された
僧の筆ということになります。

 金毛閣

 CIMG1068.jpg
 
 利休が秀吉の勘気を蒙った原因とされる
ほとんどインネンにちかいいいがかりが
この金毛閣の利休像。
 近くに行けないし 正面に山門?が
あり 写真が撮り難かったです。


 高桐院

 大徳寺の塔頭の一つ。 
「そうだ 京都へ行こう]で燃えるような
紅葉のCMでおなじみの寺です。
 熊本藩主だった細川三斎とガラシャ夫人
のお墓があります。
 庭の美しさは 苔の美しさ。
 丁度時期なのか 庭師さんが 入っていましたが
それはそれは大変な手入れのようでした。
 だから あの様に美しく保たれるのですね。

CIMG1070.jpg

CIMG1071.jpg


CIMG1072.jpg



 紅葉に勝るとも劣らない新緑の
青楓。

CIMG1078.jpg



 美しい苔に影をおとす青楓。

CIMG1082.jpg


 他のにも見たい塔頭がたくさんありますが
次回の楽しみにとっておきます。


 修学旅行様変わり

 京都はいつ訪れても 修学旅行の学生が
一杯ですね。
 私達の頃と大きく違うのは バスで次々と
連れられて行くのではなく 小グループで
プランを練っていく先を決めてるようです。
 京都市営バス一日券(500円ナリ)で
回っているグループもいますが 驚くのは
タクシーをチャーターして 運転手がガイドも
兼ねてタクシーのフロントグラスには「○○
学校○年○組」とか貼ってあるのです。


 銀閣寺の茶室前で出会ったグループ。
運転手「ここで 茶をたててのんだの」
生徒  「それだけえ?!」

 

金閣寺の近くで会った高校生の集団

CIMG1097.jpg

 最近 キモノで京都めぐり というのが
流行っているみたいです。
 この集団もそうらしい。
 でも チョット 若い!
 「そうか 修学旅行生か!」

 
 伝統の民族衣装である キモノに
包まれて 京都をめぐるのはいいのかも。
 キモノに目覚めるトッカカリになれば
これも アリ?
【2010/06/06 22:08】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
一声
 一声の鵑(いっせいのけん)
 鵑はホトトギスのこと。
 ホトトギスの一声の意。
 2週間位前に初鳴きを聞き、
その後 聞こえなくなりました。



 伊豆方面へ 

 親しいK夫妻と熱海、三島、伊豆方面に行きました。
 三島では 柿田川の湧水群に感動。
 私の心のふるさと江津湖も 昔は
こんなだったのに。
 コンクリートで湖岸を固めて
車が通る味気ない公園になって
しまいました。
 ヘドロで埋まった川をここまで
清流に戻した三島の市民はエライ!


 CIMG0980.jpg

CIMG0991.jpg



 伊豆 堂ヶ島


 ゾウの形の島

CIMG1010.jpg


 天窓洞

 子供たちが小さかった頃、一度
行ったのですが 天候が悪くて 
遊覧船に乗れなかった。
 数十年ぶりにリベンジ成功!
CIMG1024.jpg

 松崎の雲見温泉の民宿
 海の幸を満喫、なかでも イセエビの
おつくりは最高。
 又 行きたいな。


 CIMG1036.jpg



 松本へ

 松本で研究会。 
 点茶盤による初炭手前、濃茶、薄茶でした。
 呈茶席の茶碗は前に地区大会で使われたいう
シラカバと諏訪湖?の茶碗。
 素敵でした。

CIMG1038.jpg


 松本市内の紙館「島勇」の
看板猫「勇くん」
 紙館らしく 真っ白なイケメン。

CIMG1053.jpg



 ケーキショー

CIMG1059.jpg


CIMG1056.jpg
 ヘンゼルとグレーテルが出てきそうでした。
【2010/06/03 21:51】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
PROFILE
みゃあくんのおかあしゃん
  • みゃあくんのおかあしゃん
  • 「たーちゃん」と「私」と「可愛いみゃあくん」と 3人、片田舎でslow lifeを送る積りがあたふたと日々暮らしています。
    悲しいことに みゃあくんは2008年の5月にお空の星になりました。 でも これからもずっと みゃあくんのおかあしゃんです。 
  • RSS
  • まとめ
CALENDAR
05 « 2010 / 06 » 07
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。