FC2ブログ
casa della lavanda とはイタリア語でラヴェンダーの家という意味です。我家のシンポルは南斜面と庭の約200株のラヴェンダーです。趣味のことや日々感じたことなどをシンプルに記して行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
夏越の祓
 早くも一年の半分が過ぎました。
 半年間の罪や穢れを払い、これからの
無病息災を祈願する日です。
 この日には「水無月」という氷を模した
お菓子を食べるそうです。
 一度作ってみたいと思っていますが
今年も試す間がなく 7月に突入です。

 

緑のカーテン
 昨年までゴーヤで作っていた緑のカーテンを
今年は「ツルナ=ツルムラサキ」で作って
見ようと思います。
 毎日新聞の「四季のガーデニング」に
「ツルムラサキで緑のカーテン」という
記事が載りました。

 先日の茶事で預け鉢にツルナの和え物が
でて 素晴らしく美味しかったので すぐに
この記事に飛びつきました!
 
 苗が手に入らない時はスーパーで野菜として
売ってるものを挿し芽しても良いとあり
あちこちのスーパーをあたり、やっと手に
入れました。

CIMG2227.jpg

 上手く 発根してくれるでしょうか?



オーストラリアからのお客

CIMG2230.jpg

今日はオーストラリアから4名のお客さまが
見えました。
 2人はオーストラリア人、2人は現地在住の
日本人。
 たあちゃんが先日出張した時にお世話になった
方達で お茶を点てるように頼まれて一服差し上げ
ました。
 床は「滝」 
 花は イワガラミとショウマ

 全員 お茶を点てるのを見るのは初めてだ
そうで 内心「ヨカッタア・・・」
 美しい和菓子に感動して 抹茶も喜んで
頂けました。

 余りに暑かったので 普段着の木綿の絣の
着物にしましたが それでも暑くて!
 
 喜んで頂けて 大汗をかいた甲斐がありました。



嬉しいプレゼント 

 東京のお茶の勉強会のお仲間から嬉しい
プレゼントを頂きました。


ジャーン!

20110628.jpg

 猫柄の足袋カバーです。
 かわいいでしょ!
 嬉しくて 嬉しくて。
次に東京に行くときに履いて
いく積りです!

 

スポンサーサイト
【2011/06/30 22:52】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
ひさしぶりに河口湖
 久しぶりに太極拳のお仲間と河口湖で
ランチしました。
 私ここの所2年ほど練習はお休みしてますが
ランチと聞いたら参加せずにはいられません。
 美味しい食事の後は ハーブフェスティバル
開催中の八木崎公園へ。
 トゥルーラベンダーにはまだ早すぎました。
 今咲いているこの種類のラベンダーは
花が早く咲き、丈夫で育てやすいけれど香が
弱く鑑賞に向いてます。
 最近園芸店やホームセンターでラベンダー
として売られているのはほとんどが この
種です。
 トゥルーラベンダー系の方が格段に香が
良いのですが咲くのが遅く、草丈が高く
花穂が密ではなく 冷涼な気候を好みます。。
 因みに我が家のラベンダーはトゥルーラベンダー
の系統です。


 CIMG2205.jpg

CIMG2206.jpg




バラが真っ盛りの河口湖オルゴールの森

 
CIMG2207.jpg


CIMG2216.jpg


CIMG2218.jpg


CIMG2217.jpg

オルゴールの森の美術館では
「心に響く3大Bの旋律」をやってましたが
演奏が短く それほど心に響きませんでした。

 バラは最盛期でこちらの方が見応えがあり
ました。


 3年前にきららとんぼさんと秋の河口湖を
訪れたのでした。
 与勇輝さんのミューズ館には 一緒に写真を撮った
テーブルと椅子が変わらずにありました。



  
【2011/06/28 21:52】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
水色の妖精
昨日は夏至。
気のせいか 日差しが変わったような?


ペレニアルフラックスです。

CIMG2195.jpg


CIMG2198.jpg


CIMG2197.jpg

アマ科 アマ属
これはペレニアルだから多年草、一年草もある。
草丈は5~60㎝位。
我が家では6~7月に開花し、真夏は一旦休み
涼しくなるとまた咲くパターン。
茎からは繊維、種からはオイルがとれる。
「亜麻色の髪の乙女」の亜麻はこの繊維のこと。

5千年の歴史があるとされエジプトハーブと
言われる。
丈夫で育てやすいけれど高温多湿と移植を嫌い、
乾燥気味が良い。
だから 我が家には向いてます。
風にそよぐブルーの花ははかなく、朝 真っ青な
花を開かせ、だんだんと色あせていき
昼にはハラハラと散ってしまいます。

10年位前に当地のサントリー蒸留所近くに
ハーブ園があり 1区画が青に染まり、風に
揺れていてすっかり虜になり家でも植えたのが
始まりです。
そのハーブ園は広域農道の道路計画にかかり
今はもうありません。




CIMG2199.jpg

ゲート付きのローズアーチを購入。
奥に見えるパーゴラ(あずまや)を腰掛待合にみたて
このゲートを中門にするつもり。
中門に代わるものをずっと探していてやっと手頃な
物を見つけましたが パーツのつくりがいい加減で
たあちゃんが手伝ってくれてやっと組み立てることが
できました。
このアーチにはサンパラソル(白花)をからませる
予定。
家の周りにあるゴチャゴチャしたものは見なかった事に
して下さい。





CIMG2202.jpg

加茂川籠(蛇籠ともいう)を手に入れました。
床柱に花釘を打ったので掛花入れがいくつか
欲しくなります。
ホタルブクロが良い感じで開花、トラノオも
登場しましたが ダメなのは私の腕。
茶花をいれるのはホントに難しい。
たとえばホタルブクロが3輪開いてますが
3輪は多いと思うけれど かわいそうで
どれも落とせない。

「花は野にあるように」とは利休の教え。
自然に3輪咲いたのだから まあ いいかっ~。



【2011/06/24 08:10】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
千利休展
20110617.jpg


ある茶道グループに誘って頂き 羽田空港に
できたディスカバリーミュージアムに「千利休展」
を見に行きました。
永青文庫収蔵品の中から利休ゆかりの茶道具が
10点展示されました。
展示数は少ないけれど充分に見応えがありました。
私が期待したのは利休作の茶杓「ゆがみ」。
中節からわずかにゆがんだとても繊細な感じの
茶杓でした。
もう一つ見たかったのは一休宗純筆の「諸悪莫作
衆善奉行」の軸でしたが 展示期間が違って見られ
ませんでした。
 
お勉強の後はお楽しみのランチ。
「Grill&Pizza CASTELMOLA]でイタリアン。
美味しくてきれいで途中で写真を撮るのを
忘れてしまうほど。

前菜
CIMG2179.jpg

パスタ2種盛り
CIMG2180.jpg

デザート
CIMG2181.jpg


大満足の一日でした。M・Uさん有難うございました。
彼女の柿渋染めの作品がディスカバリーミュージアムで
展示されています。


 私はほぼ3カ月に一度羽田空港を利用してますが
こんな素敵な美術館ができたことは知りませんでした。
これから 熊本の行き帰りに楽しみが増えました。


  
【2011/06/17 22:48】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
茶道一直線
 5月、6月は茶道の行事が目白押しで
気の抜けない日々が続きました。
 諏訪で開かれた長野県の研究会では 
盆香合に詰で出ました。
 ちょっとしたハプニングがあり お点前さんには
かわいそうでしたが、業躰さんが対処の仕方を教えて
下さり 何事もなくスラスラと終わるより却って
良い勉強になりました。

 分会の春期茶会は土砂ぶりの中で開かれ
水屋の当番とお運び、お点前に出ました。
 大寄茶会では 一席で大勢の客をもてなす訳
で その舞台裏は 大変です。
 どんな集まりも女性が多いと色々と難しさが
増します。
 気をつけなくてはなりません。

 この所で一番力が入ったのは 茶事教室で
亭主デビューをしたことでした。
 普段の私の稽古はいい加減な稽古だから 灰形や
後炭、台目席の点前などやったことがありません。
 やったことがない事ばかりで見切り発車をした
訳です。 直前まで手順、道具の銘、作などの
アンチョコをチラチラ。
 席に入った客方はどなたも経験豊富なベテラン
揃い。
 「もう やるしかない!」と開き直り、これまた
ベテランの水屋方、半東、先生に支えられて
約4時間の茶事をどうにか終えました。
 先生の「大丈夫よ、言ってみれば亭主は飾り、
操り人形みたいなものだから」の言葉通りで
大変なのは半東で 亭主は言われるままに動く
だけでした。
 反省することばかりでしたが これを肥しに
これからも精進を続けたいと思いました。

 


 ご褒美?

 茶事教室の準備(一人で練習)でアップアップしてた頃、
淡交社から下のお軸が送られて来ました。

CIMG2155.jpg

 「注文した記憶はないけど?」と思いながら開けました。

CIMG2157.jpg

 ということで 見事3等の画賛が当たったのでした!
  書 「玉管」  金剛(沙門)慈保師 
  画 「虫と庭」 馬骨 子才林

 有馬頼底氏の「茶席の禅語大辞典」によると
 金風吹玉管
 きんぷう ぎょくかんをふく
 金風(秋の風)が玉の横笛を吹きならすような
清らかに澄み切った美しい調べ。
 厳しく清らかな教えのこと。
 出典 臨済録

 このところ いろいろなストレスで 疲れて
いたので 本当に嬉しいプレゼントでした。
【2011/06/03 00:32】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
PROFILE
みゃあくんのおかあしゃん
  • みゃあくんのおかあしゃん
  • 「たーちゃん」と「私」と「可愛いみゃあくん」と 3人、片田舎でslow lifeを送る積りがあたふたと日々暮らしています。
    悲しいことに みゃあくんは2008年の5月にお空の星になりました。 でも これからもずっと みゃあくんのおかあしゃんです。 
  • RSS
  • まとめ
CALENDAR
05 « 2011 / 06 » 07
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。