casa della lavanda とはイタリア語でラヴェンダーの家という意味です。我家のシンポルは南斜面と庭の約200株のラヴェンダーです。趣味のことや日々感じたことなどをシンプルに記して行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
みゃあからの贈り物
 クリスマスの話題には ちょっと時期が
送れてしまったのですが・・・
 25日にみゃあから ちっちゃなプレゼントを
もらいました。

 着ていたフリースの肩に みゃあの毛が
1本付いていたのです。
 空の星になってから3年にもなるのに
どこにあったのでしょう?
 「おかあさんが掃除下手だから
不思議ではないよ」
 とは 娘の言。

 ネコ欠乏症が完治しない私に 
みゃあが置いていってくれたものと
信じています。


 これは みゃあの遺髪(毛)や爪を
保管してるペンケースでパソコンデスクの
引き出しに入れています。

CIMG2672.jpg


 
スポンサーサイト
【2011/12/27 10:04】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) | Page top↑
一陽来福
 
 どんよりして寒い冬至です。
 明日から 米粒1粒づつ 日が延びる
 と聞くと 少し気持ちが明るくなるけど
本当の寒さはこれからです。
 今日は柚子湯で 暖まりましょう。



 この時期 茶席に使える花が本当に
少ない。
 炉の時期 といえば 椿
ですが この地は寒いので 庭で椿を
見かけることは少ないです。

 個人的には 小さい頃庭に何本かあり
糸を通してレイをつくった薮椿が一番
好きです。

 茶席に入れる花が必要になった今は
侘助にあこがれ 何度か求めましたが
失敗に終わっていました。




  期待の星 

どうしても 椿が欲しい
 地元の植木屋さんで求めれば この地の
気候に合うかと 祈る気持ちで 家に来て
頂いた侘助が根づきました!
 良く頑張った! ツボミも沢山つけてます!
 でも~
 これらのツボミが開く頃、私は クマモト(嗚呼)


CIMG2661.jpg

 細川家が門外不出として珍重した
肥後六花の内の肥後椿(多くの種類がある)の
太平楽(私にピッタリ)と数寄屋侘助、初嵐の
計3本を水前寺公園内の売店で求め 
機内持ち込みで抱えてきました(4月)。
 さすがに南国生まれの太平楽は 息絶え絶えで
写真は撮れませんが初嵐(上)、数寄屋侘助(下)は
蕾をつけてます。
 この2本は花を切って使えるようになるには
数年かかるでしょうが 床に入れた花を想像して
一人ニンマリしている私です。

 枯葉、枯れ草だらけでスミマセン。
 
CIMG2663.jpg


CIMG2666.jpg

【2011/12/22 11:15】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
今年も失敗
 茶道文化検定の合否結果が送られて
今年も失敗でした。
 でも あんまりがっかりしてません。
 回答速報で答え合わせして大体の
点数は予想してましたから。

 合格はしなかったけど 検定にむけて
勉強したのはとても自分自身の為になり
ました。
 もともと1級合格は3,4年かかるだどうと
予測していたし 点数もそんなに悪くは
なかった。
 昨年難しかった「茶と禅」の分野で100%
できたのは 嬉しかった。
 私の得意分野は「茶席の花」で昨年も
今年も100%できました。
 今年失敗したのは「茶業」の分野でした。

 漢字の間違いはとても残念な間違いで
しつっかり覚えていなかったということです。
 田島守(誤) →田間守(正)
 伊井直弼(誤)→井伊直弼(正)
 です。
  来年再々挑戦するかどうかはまだ
決めていません。



 スイハツを求めたので イタズラに
旅枕(萩)にサザンカ(白)と照葉
(ラズベリー)を入れてみました。
 サザンカは山茶花と書くので茶花には
使わないと聞きましたが 使われる事も
あるようです。
20111220.jpg

 
【2011/12/21 00:19】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
アルムの星まつり in ハイジの村
 旧県立フラワーセンターの「ハイジの村」が
イルミネーションで飾られています。
 毎年工夫され進化して 今年もステキでした。


 ゲートを入ると 広場でヨーゼフのバスが
お出迎えです。
 園内をロードトレインバスで周遊できます。
 寒く 風が強い日はこれを利用すると楽に
見て回れます。

 日本一長いと言われるバラの回廊も青と白の
イルミネーションで飾られ カップルが腕を
組んで歩いていたり。
 
 年末まで 9時からは冬の花火も打ち上げ
られるようです。
 寒いので それは見送りましたが 充分に
楽しかったです。
 
CIMG2641.jpg




CIMG2642.jpg


CIMG2644.jpg


CIMG2645.jpg


CIMG2651.jpg


CIMG2654.jpg


CIMG2655.jpg


CIMG2656.jpg


【2011/12/17 23:08】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
冬の週末
 先週末は11年ぶりの皆既月食で白州の方が
きれいに見られるだろうとヒナ達が
やって来ました。
 昼間は良い天気だったのに 肝心な時に
雪が舞い始め「あれ~!」って感じでしたが
雲が切れると時々欠けていく月が現れ、11時頃
赤い月が見られました。
 ヒナはというと 昼間遊び疲れて 寝てしまい
ました!



 で、昼間 何をしたかというと

CIMG2602.jpg
 焼きマシュマロ。
 午前中 話している内に 焼きマシュマロを
しようということになり、急遽近くのスーパーで
材料を調達したので ショボイバーベキューに
見えますね。
 マシュマロを挿した枝は 剪定したばかりの
クロモジと月桂樹。
 軍配はクロモジに。
 月桂樹は油分が多くて 燃えてしまいます。



 ヒナ、7歳になる 

ヒナの7歳の誕生日を一緒に祝いました。
 ケーキはお嫁ちゃんとヒナの手作りの
ハリネズミケーキ。
 おばあちゃんはヒナの好物のトロを用意して
手巻きずしでお祝い(簡単ですから・・・) 
CIMG2627.jpg


CIMG2628.jpg




クリスマスイルミネーション

夕方から 小渕沢のホテル・リゾナーレと
明野にあるハイジの村(旧 県立フラワーセンター)
のイルミネーションを見に行きました。

 下の3枚はリゾナーレです。
 ハイジの村は次回に。

CIMG2632.jpg


CIMG2636.jpg


CIMG2638.jpg
【2011/12/17 01:36】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | Page top↑
台湾からの贈り物
CIMG2586.jpg
 たあちゃんが台湾の知人から
頂いた使うのが勿体ないような
芸術品の蓋碗のセット


CIMG2582.jpg
 蓋碗にはストレーナー(濾し器)も
ついています。
 左はキャニスター。
 茶葉を保存する器でしょう。
 肌はアイボリーで透明感のある白磁とは
ちょっと違う。 とても繊細な感じです。
 この模様に何か意味があるのかとか
 この焼きについて もっと知りたいけど
説明書が読めない(涙)
 
 余りにも美しくてしばらく飾っておく
事にします。
 




恥ずかしくて残念な事 

 オリンピックで2連覇を果たした
柔道の内柴が逮捕されました。
 並の人がなしえぬ偉業を果たした人が
なぜ このような恥ずかしい罪で
身を滅ぼすのか。
 金メダルの名誉を汚さぬように身辺には
最大の注意を払うべきであったのに。

 私の知った人でバスドライバーを長く
され 無事故、無違反の優良ドライバーで
叙勲された方がいられます。
 彼はその名誉を汚さぬように 私的には
一切運転をなさらないそうです。 
 それくらいの覚悟、出来なかったのでしょうか。

 同郷であるだけに 残念でなりません。



 花が少ないこの時期、
 ソヨゴ イソギクを
沖縄の抱瓶(だちびん)の
ミニチュアに入れました。

CIMG2580.jpg
【2011/12/07 09:26】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
ご無沙汰をしました。
 熊本から帰って10日経ちました。
 今回は大きなトラブルもなく 比較的
平穏に過ぎました。
 珍しくたあちゃんが休みを取り 先ず 
佐賀に義母を見舞いました。
 すぐにたあちゃんを認識して喜んでくれて
行った甲斐がありました。

 熊本では私が着いた翌日に父が97才の
誕生日を迎え たあちゃんも加わり
お祝いをしました。

 義母と父は同年代で元気でいてくれることは
とても有難いです。
 

 今回楽しかったのが 中学の卒業50年記念の
大同窓会に参加したことです。
 市内でも有数のマンモス中学でしたから
私の学年は約800人の同級生がいましたが 
今回実に4人に1人の割合で約200名が出席し
大盛会でした。
 半世紀ぶりに会った人もいて 懐かしい会話が
飛び交い アッと言う間の2時間でした。



初冬の江津湖
 実家のすぐ裏の江津湖は市街地には珍しい
大きな湖(実は川)で市民のオアシスで
野鳥のアオシスでもあります。

カモでしょうか?
CIMG2556.jpg

シラサギ?
CIMG2545.jpg

 多分アオサギ
 とても慣れていてこれで1.5m位まで近づいています
CIMG2557.jpg

上と同じアオサギがぐるっと回った所に
飛んできました。
 カメラおじさんに聞いたところによると
釣り糸が足にからみ 片足の先がないそうで
この写真でそれがわかります。
 自然界で生きていくのは難しいけど
餌をくれる人がありこのあたりに住みついて
生きているらしいです。
CIMG2564.jpg

木登りネコ
日当たりが良いので 時々この場所で
見かけます。
CIMG2568.jpg



帰路の機窓より

26日はとても天気が良く阿蘇の上空を
通過しました。
 阿蘇山が複式火山だというのが はっきりと
分かり 外輪山の火口の中に人が住んでいるのが
不思議です。

CIMG2575.jpg

真ん中あたりの白い部分が現在の火口です。
CIMG2577.jpg

天気のおかげで 地図の通りの下界の地形を
楽しん 富士山が見えると「帰って来た!」と
感じます。
CIMG2578.jpg



おまけ

実家のご近所の庭先から「晩白柚(バンペイユ)」が
道路側にぶら下がっていました。
 直径が15~20㎝位ありそうでした。
実家にも以前に晩白柚があったのですが 枯れて
しまいました。

CIMG2543.jpg

水前寺菜
初めて見た野菜でした。
冷蔵庫に入れたまま忘れて来たので
味は分かりません(涙)
CIMG2546.jpg

【2011/12/04 13:03】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
PROFILE
みゃあくんのおかあしゃん
  • みゃあくんのおかあしゃん
  • 「たーちゃん」と「私」と「可愛いみゃあくん」と 3人、片田舎でslow lifeを送る積りがあたふたと日々暮らしています。
    悲しいことに みゃあくんは2008年の5月にお空の星になりました。 でも これからもずっと みゃあくんのおかあしゃんです。 
  • RSS
  • まとめ
CALENDAR
11 « 2011 / 12 » 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。