FC2ブログ
casa della lavanda とはイタリア語でラヴェンダーの家という意味です。我家のシンポルは南斜面と庭の約200株のラヴェンダーです。趣味のことや日々感じたことなどをシンプルに記して行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
道の駅駅伝!
午後近くの国道20号を走っていたら 
前をキャンピングカーが走っていて 
その前をタスキをかけた女の子が
走っていました。
タレントなどに疎い私はその子の名前は
わかりませんでした。
信号待ちの時にタスキに「道の駅駅伝」と
書いてあるのを確認。
別に用事はなかったけれどもつられて
私も白州道の駅に入りました。
カメラを持っていなかったので携帯では
走っている様子を上手く撮れなくて
道の駅の内部の写真です。
テレビ東京の番組だそうで12月の第1週か
2週の土曜日に放映だそう。
多分私は その頃は熊本に行っている
でしょう。
覚えていられたら見てください。

スポンサーサイト
【2012/10/29 17:58】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
茶者南方之嘉木也
CIMG3363.jpg



CIMG3364.jpg



CIMG3367.jpg


タイトルの一節は760年 唐の陸羽に
よって著された世界最古と言われる
茶書「茶教」の一部でご存知のように
「ちゃは南方のかぼくなり」

「白薔薇の如く」と記された茶の花が
1番上と2番目の写真です。
私的には白薔薇というよりやはり 
椿ですね(茶はツバキ科)
庭の枯葉等は目の錯覚と思って下さい。

子供の頃 実家と隣家との堺の
生垣に茶の木が2、3本あり 
祖母が新芽を摘みほんの一握りの
新茶を作ったことがありました。
味は 全く記憶にないけれど
秋に咲く 清楚な白い花が
好きでした。
写真の茶の木は我が家の庭にある
静岡から取り寄せた3本の木ですが
なかなか大きくならず かと言って
枯れるわけでもなく。
たあちゃんが大事にしていたところ
今年はちょっと大きくなり 花の
つきも良いようです。
もしかしたら 来年の5月に
新茶
楽しめるかも!
【2012/10/27 10:40】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
二浪ちう
 先週の水曜日に戻ってきました。
 
 今 妹夫婦がいてくれて 父は
 昨日転院しましたが 転院先の
 病院もとても良いとの妹からの
 報告で安心しました。
 家族の意向や希望を良く聞いて
 患者が自然に暮らせるように
 図らって下さるようです。
 誤嚥性肺炎だから絶対に無理と
 思っていた 口からの食べ物摂取、
 ほんの一口でも味わうことができたら 
 こんなに嬉しい事はありません。


届きました 受験票

 
CIMG3343.jpg
 
2年失敗に終わっている茶道文化検定
の1級受験。
今年も勉強不足で受験をギリギリまで
迷い 締め切り直前に願書を出しました。

悔し紛れで言うのではないけれど
試験の為の勉強と言っても自分の為には
非常に役に立っています。
こんなことでもなければ 茶道の周辺を
真剣に勉強することはなかったと
思うから。
三度目の正直はなさそうだけど
今年も挑戦だけします。



贈り物

CIMG3351.jpg

ブロ友Tさんから 素敵な贈り物が届きました!
日フィルの雨田光弘さんのカレンダーですっ!
前にTシャツを頂いたのに 又頂いて
しまいました。
とてもユーモアたっぷりの絵で「フフッ」
となります。
雨田さんの大ファンの私ですから 来年
2013年がパッと明るくなりました。
毎月めくるのがたのしみできっと良い年に
なるでしょう。


CIMG3347.jpg

一緒に送って頂いたのがコレ。
梅ちゃん先生のオープニングの
ジオラマに出てた猫の手ぬぐい!
このジオラマの作者山本高樹さんの
展覧会に行かれたご主人さま!が
私にと思って下さったそうで大感激
しています。
猫といえば みゃあくんのおかあしゃん、
みゃあくんのおかあしゃんといえば猫!
イメージが定着したようです(笑)
私も梅ちゃん先生のあのジオラマが
とても楽しみでした。猫の居場所や
虚無僧が出るか、梅ちゃんがこけるか
幾つかパターンがあったみたいで
今日はどんなかなと楽しみでした。
ほんわかと暖かい雰囲気のジオラマでしたが
作者の山本さんはとても優しい人だった
そうです。やっぱりねえ~。


CIMG3348.jpg

初使いの予定は来年の初釜。
それまでは タペストリーとして
飾ります。
Tさん ありがとうございました。




ベランダから見た甲斐駒

CIMG3353.jpg

電線の無い場所に行く時間がなくて(汗)
とても寒い雨だった昨日、やはり
山は雪だったようです。

紅葉が下へと降りて来ます。
これからひと月 どこへ行っても
紅葉(黄葉)が楽しめて山里の
贅沢な季節です。
【2012/10/24 09:41】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
父との時間
昔、私が子供だった頃 父は
とても怖かった。

でも楽しかった思い出もある。
父は動物が好きだったので
水前寺公園の隣にあった動物園に
幼かった妹は父の自転車の前に
私は後ろに座り、姉は歩きで
毎週、毎週日曜日に行った。
動物が入れ替わるわけでも
ないけれど それでも毎週
行きました。
帰りに 売店で「グリコ」を
買ってもらうのも楽しみでした。
だから 今でも 実家には
箱いっぱいのオマケがあります。

その後自分たちが成長するにつれ
母親に比べ、父親には距離を
置くようになりました。

今 病室で父の顔に自分の顔を
寄せて会話をする時 今までに
なかった濃密な父娘関係を感じて
います。

写真は ヒナが父(曾祖父)の
ために折ってくれた折り鶴で
枕元に下げてあります。


【2012/10/14 15:11】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
桂花茶
この時期 どこからともなく漂って来る香、  
キンモクセイ。
トイレの芳香剤の香と言う人もいるが
秋を実感するキンモクセイは大好きです。

実家の近くに更地があり主はいなくても
季節になると健気に椿、キンモクセイ等が
咲きます。

姉の友達の家だった所で私達が子供だった
頃おばあさんが大切に庭を守っていられ
ました。今年はことのほか見事に咲いて
いるので少し摘ませて頂きました。

乾燥させて桂花茶にしようと思います。
烏龍茶にブレンドするらしいけれど
私は阿里山の高山茶が好きなので
それにブレンドしました。
市販の桂花茶の方が香りが強いのは
もしかしたらフレーバーが入って
いるのかもしれませんね。
季節のお裾分けをして頂いた嬉しい
気持ちになりました。

【2012/10/11 22:25】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
病院の窓から
先日、父の主治医から病状説明を
しますので来て下さいとの連絡。
何事か、転院か、とビクビクして
行ったら 文字通り病状説明で
今の治療を続けるということ
でした。 
来月初めに98才の誕生日を迎える
父に これ以上の延命治療を
希望しないことを再確認、
これは3人で話し合い出した結論
です。

7月に大きな危機を越え、無理と
思われた秋を迎えられた。
もうすぐ98才の誕生日を迎えようと
している。
よく頑張ってくれています。

病院の談話室の窓から見える
阿蘇。
こんなに近いと思わなかった。



【2012/10/06 11:50】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
PROFILE
みゃあくんのおかあしゃん
  • みゃあくんのおかあしゃん
  • 「たーちゃん」と「私」と「可愛いみゃあくん」と 3人、片田舎でslow lifeを送る積りがあたふたと日々暮らしています。
    悲しいことに みゃあくんは2008年の5月にお空の星になりました。 でも これからもずっと みゃあくんのおかあしゃんです。 
  • RSS
  • まとめ
CALENDAR
09 « 2012 / 10 » 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。