casa della lavanda とはイタリア語でラヴェンダーの家という意味です。我家のシンポルは南斜面と庭の約200株のラヴェンダーです。趣味のことや日々感じたことなどをシンプルに記して行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
ご無沙汰をしました。
 熊本から帰って10日経ちました。
 今回は大きなトラブルもなく 比較的
平穏に過ぎました。
 珍しくたあちゃんが休みを取り 先ず 
佐賀に義母を見舞いました。
 すぐにたあちゃんを認識して喜んでくれて
行った甲斐がありました。

 熊本では私が着いた翌日に父が97才の
誕生日を迎え たあちゃんも加わり
お祝いをしました。

 義母と父は同年代で元気でいてくれることは
とても有難いです。
 

 今回楽しかったのが 中学の卒業50年記念の
大同窓会に参加したことです。
 市内でも有数のマンモス中学でしたから
私の学年は約800人の同級生がいましたが 
今回実に4人に1人の割合で約200名が出席し
大盛会でした。
 半世紀ぶりに会った人もいて 懐かしい会話が
飛び交い アッと言う間の2時間でした。



初冬の江津湖
 実家のすぐ裏の江津湖は市街地には珍しい
大きな湖(実は川)で市民のオアシスで
野鳥のアオシスでもあります。

カモでしょうか?
CIMG2556.jpg

シラサギ?
CIMG2545.jpg

 多分アオサギ
 とても慣れていてこれで1.5m位まで近づいています
CIMG2557.jpg

上と同じアオサギがぐるっと回った所に
飛んできました。
 カメラおじさんに聞いたところによると
釣り糸が足にからみ 片足の先がないそうで
この写真でそれがわかります。
 自然界で生きていくのは難しいけど
餌をくれる人がありこのあたりに住みついて
生きているらしいです。
CIMG2564.jpg

木登りネコ
日当たりが良いので 時々この場所で
見かけます。
CIMG2568.jpg



帰路の機窓より

26日はとても天気が良く阿蘇の上空を
通過しました。
 阿蘇山が複式火山だというのが はっきりと
分かり 外輪山の火口の中に人が住んでいるのが
不思議です。

CIMG2575.jpg

真ん中あたりの白い部分が現在の火口です。
CIMG2577.jpg

天気のおかげで 地図の通りの下界の地形を
楽しん 富士山が見えると「帰って来た!」と
感じます。
CIMG2578.jpg



おまけ

実家のご近所の庭先から「晩白柚(バンペイユ)」が
道路側にぶら下がっていました。
 直径が15~20㎝位ありそうでした。
実家にも以前に晩白柚があったのですが 枯れて
しまいました。

CIMG2543.jpg

水前寺菜
初めて見た野菜でした。
冷蔵庫に入れたまま忘れて来たので
味は分かりません(涙)
CIMG2546.jpg

スポンサーサイト
【2011/12/04 13:03】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
<<台湾からの贈り物 | ホーム | 霜月>>
コメント
お帰りなさーい(^O^)/

ご主人も一緒の帰省でよかったですね。
そしてご両親やご主人のお母様も
お元気そうで、何よりでございます。

中学の同窓会の出席率が高い!ですね。
その盛況ぶりはきっとすごかったんだろうなあ。
2時間はほんとにあっという間で足りないくらいでしょうね。

水前寺菜は初めて見ました。
つるむらさきに似ているかなと思いましたがよくみると葉がもっと堅そうですね。

【2011/12/04 23:29】 URL | ちょきたら #-[ 編集]
帰省中は 暖かかったでしょうか?
東京は寒いと言っても先週の金曜日、土曜日の寒さくらいですから まだまだ本格的では
ありません。

歳をとると夏の暑さの方が堪えるようですね。今回は何事もなく介護帰省が出来て
ホットなさったことでしょう。ご夫婦の親御さんが共にお元気で
何よりです。私たち世代の方が怪しくなってきました。

江津湖の風景懐かしく思い出しました。
連れ合いの親の実家もすぐ近くの井寺です、地元の浮島の湖水も江津湖と同じ
水源でしょう。
【2011/12/05 01:07】 URL | 野の花 #IAmA4RkY[ 編集]
 ご無沙汰してしまいました。
 本当に久しぶりにたあちゃんと
一緒の帰省でした。
 彼は2泊で 山梨に戻りました。
 
 大同窓会は懐かしい顔に会えて
楽しかったけれど 余り大勢過ぎて
じっくりと話せなかったのはちょっと
残念でした。

 水前寺菜は私もツルムラサキ系かな
と思いました。
 次の機会には 是非味わってみたい
です。

 
【2011/12/05 21:49】 URL | みゃあくんのおかあしゃん #-[ 編集]
野の花さま
 仰せの通り、私も寒いのよりも
暑い方が体に堪えます。
 野の花さまもお母様にお顔を見せに
行かれたとか?
 喜ばれたことでしょうね。

 ご主人様のご実家が同じ江津湖周辺だ
そうで びっくりです。
 同じ水で育った訳ですね!
 嬉しいです。
【2011/12/05 21:59】 URL | みゃあくんのおかあしゃん #-[ 編集]
おかあしゃんの帰宅と私の出発がすれ違いになってしまい、久しぶりのコメントです。
ご主人のお母様も入れて90代が3人!
日本が長寿国になったといわれる所以ですね。お世話する方たちの賜物だと思いますよ。ほんとにエライ!
1学年800人ということは15クラスくらいあったのでしょうか。ベビーブーマーの象徴みたいなものですね。
今では、全校生徒合わせても800人足らずの中学校ばかりです。
阿蘇山に富士山、日本を代表する名山がこんなにはっきり見えただなんてなんとラッキーな。
晩白柚とざぼんは違う果物?
昔、ざぼんを食べていたのはよく覚えてます。
【2011/12/06 20:37】 URL | ポッチ~ #8iCOsRG2[ 編集]
 ポッチ~さま
 おかえりなさい。
 そうなのですよ、生徒数が多くて
教室の後ろまでびっしり机といすが
詰まっていました。
 私の中学は私達が3年だった時は
2年生が18クラス、1年生は23クラス
あったそうですから小さな町の人口
位の生徒数だったのでしょう。
 だから 同窓会で会うと色んな人がいて
面白いですね。

 帰路のフライトは 瀬戸内にかかる3本の橋、
関空、琵琶湖などはっきりと見えましたが
静岡辺りで下界が雲に隠れました。
 被写体の山はすばらしかったのですが
撮影のテクニックがお恥ずかしい・・・
 
 晩白柚はザボンの改良種のようですね。
ザボンより大きく、八代地方が産地です。
 味はグレープフルーツに近く、水分が
すくなく サクサク感があります。
【2011/12/07 08:06】 URL | みゃあくんのおかあしゃん #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
PROFILE
みゃあくんのおかあしゃん
  • みゃあくんのおかあしゃん
  • 「たーちゃん」と「私」と「可愛いみゃあくん」と 3人、片田舎でslow lifeを送る積りがあたふたと日々暮らしています。
    悲しいことに みゃあくんは2008年の5月にお空の星になりました。 でも これからもずっと みゃあくんのおかあしゃんです。 
  • RSS
  • まとめ
CALENDAR
09 « 2017 / 10 » 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。