casa della lavanda とはイタリア語でラヴェンダーの家という意味です。我家のシンポルは南斜面と庭の約200株のラヴェンダーです。趣味のことや日々感じたことなどをシンプルに記して行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
飛騨高山へ
 ひと月以上も経ちますが5月中ごろ、新緑の美しい
 飛騨高山に行きました。
 アクセスを調べると電車はとても不便。
 思い切って車で行ったら 時間の短縮、
 好きな所で寄り道出来る、行った先で自由に
 動ける。おまけに電車より安いと
 良い事尽くめでした。

 今回はお茶繋がりのお仲間と一緒で
 その中の一人が高山に素敵な住まいを構え
 られたのでその新居を訪ねるのをきっかけに
 2年ぶりで7人集まりました。
 彼女の新居は元ファッションデザイナーの
 センスが遺憾なく発揮された グラビアに
 出てるような素敵な住まいでした。
 どの部屋からも北アルプスの山並みが
 望めて 和室は茶室になってました。

 今回の楽しみの一つ「茶の湯の森」は
 以前行った時にはありませんでした。
 広い敷地に茶室が幾つかと美術館が
 あります。
 目玉は玉虫の厨子とイチイの茶室です。
 玉虫の台子飾り(台子、釜、皆具が
 すべて玉虫で作られている)には
 「そこまでやりますか!」の感。

 千家十職や人間国宝の作った茶道具で
 お茶を頂くことができます。
 私達は素敵な先生(裏千家)のお点前で
 薄茶を頂きました。
 小間も立礼席も見せて下さりとても
 よく説明して頂き、感激した私達は
 翌日又立礼席に伺いました。



 玉虫蒔絵(海藻)は初めて見ました。

CIMG2934.jpg


 平水指は即全?

CIMG2935.jpg


 立礼席の大樋水指

CIMG3003.jpg


 幸兵衛の黒織部

CIMG2989.jpg


 三輪休雪の萩

CIMG2992.jpg


 珍しいチャルメリソウ
 花入れは備前

CIMG2945.jpg

 イチイの床柱
 これほど大きなイチイは貴重だそう。

CIMG3009.jpg


 駐車場にあったイチイの大木

CIMG3012.jpg


 茶の湯を学ぶ者にとって高山といえば
 「宗和」(金森宗和)
 江戸前期に姫宗和といわれた雅な好みの
 茶人で「宗和流」をおこした。
 野々村仁清を指導して仁清焼を焼かせたことも
 知られている。
 その宗和の出身の地の高山ですが 城主であった
 父 可重に嫡男であったにも拘わらず、
 勘当されて 実母と共に京に行ったので
 宗和に繋がるものは少ない。
 そのなかで200年の歴史を誇る
 料亭「洲さき」は宗和流本膳懐石を
 味わうことができる。

 料理は勿論、素晴らしい建物、美人の
 女将と若女将のもてなし。
 最高の日本料理でした。
  
CIMG2921.jpg


 宮川朝市で見かけた猫

CIMG2982.jpg



 気の合う仲間との楽しい時間を過ごし
 帰る途中に見えた乗鞍?

CIMG3015.jpg

 本当に楽しかった。Sさん始め皆さん
 有難うございました。
スポンサーサイト
【2012/06/24 00:06】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
<<イチイに魅せられて | ホーム | テスト更新>>
コメント
素晴らしい旅でしたね。
よかった、よかった。
日頃の親孝行のご褒美でもあり、
勉強熱心な茶道の徒としての 勉強の旅
でもありましたね。

それにしても、「茶の湯の森」とは・・・
どなたの発案、どなたのプロデュース
なのでしょうね、多分日本にただ一つの
アートスペースでしょう。

再び! いい体験をなさいましたね。
【2012/06/24 19:52】 URL | 野の花 #IAmA4RkY[ 編集]
 野の花さま
 有難うございます。
 茶の湯の森は造園業等を営んだ
 富豪の個人の美術館および茶室
です。
 現代にも数寄者がいたのですね。
 もっとも 明治から昭和初期に
かけての数寄者とはちょっと好みが
違うように感じます。
 でも一見の価値はありますよ。
【2012/06/24 23:15】 URL | みゃあくんのおかあしゃん #-[ 編集]
高山が茶道が盛んなところとはまったく
知りませんでした。
「茶の湯の森」はお茶をたしなまれる方には
必見の場ですね。
建物、展示物、すべて素晴らしい。
三輪休雪の萩は茶碗ですよね?
お茶をいただく時、横からこぼれないのかなと
ド素人はつい余計な心配をしてしまいます(笑)。
【2012/06/25 21:48】 URL | ポッチ~ #8iCOsRG2[ 編集]
 ポッチ~さま
 私はあの茶碗で頂いたのですよ!
 それで 私も一瞬同じ事を考えました(笑)
 ただ、薄茶と言ってもお茶の量は溢れるほどでは 
 ないのでその心配はありませんでした(笑)
 
【2012/06/26 12:03】 URL | みゃあくんのおかあしゃん #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
PROFILE
みゃあくんのおかあしゃん
  • みゃあくんのおかあしゃん
  • 「たーちゃん」と「私」と「可愛いみゃあくん」と 3人、片田舎でslow lifeを送る積りがあたふたと日々暮らしています。
    悲しいことに みゃあくんは2008年の5月にお空の星になりました。 でも これからもずっと みゃあくんのおかあしゃんです。 
  • RSS
  • まとめ
CALENDAR
09 « 2017 / 10 » 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。